中国の商業銀行の不良債権 1.75%

おはようございます、日本海大家です

面白い記事を見つけたので紹介します。

以下転載

中国の商業銀行の不良債権、3月末は11年ぶり高水準に

2016年 05月 13日 00:05 JST

[北京 12日 ロイター] - 中国銀行業監督管理委員会(銀監会)によると、国内商業銀行の不良債権は3月末時点で、11年ぶりの高水準、1兆4000億元となった。

国内景気減速のなか、不良債権化が進んだ。銀監会が12日、ウェブサイトで公表した。

不良債権比率は1.75%と、昨年末時点の1.67%から上昇した。

不良債権とは別に、不良債権化リスクのある融資は3兆2000億元と、総融資の4%を上回った。

これらを合わせると、問題融資は4兆6000億元(7060億ドル)と、昨年12月から4280億元増えた。

一部転載 ここまで

7060億ドルに、現時点の為替レート1ドル109.04円を掛けると、76兆9822億円の問題融資額w

これを元に計算すると中国の商業銀行の融資総額は1338兆8215億円。(計算が有ってるか不安だw)

やっぱさ、中国は凄いねw
中国共産党のマジック最強!


不動産投資 ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村
- - - - - - - - - -PR- - - - - - - - - - 
「すい臓」を大切にして進化する世界初の技術
(今すぐクリック)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -




ミャンマーも高金利の預金が出来るらしい!

こんにちは、日本海大家です

ネットサーフィンしていたら、何とミャンマーでも高金利が付くらしいw

KBZ銀行でミャンマー チャット (MMK) 建て普通預金年利8.25%

1年定期預金だと10%くらいの模様

米ドル定期は金利が付かない。

外国人だと利息が付かない銀行が多いらしい。

KBZ銀行の口座開設はパスポートとお金があれば、代行業者なしでも簡単との事。(まあ喋れる人だけかもw)

ミャンマーKs建て口座で年利8.25%!KBZ銀行なら外国人でも高金利口座が開設できる DAY.469
2016/3/9

ATMでお金を引き出すと5ドルの手数料が掛かり、最高3万円くらいしか引き出せないとか、ナゾのルールがあるらしい。
これだとカンボジアの方が良いのか?w

現地では、口座開設は出来ないという噂が流れていて、それを回避する為に代行業者さんに頼むと10万円とか掛かるらしい。
まあ、現地で新規事業をする人なら払うかもね。
この国も、ガチガチの賄賂国家の薫りがするよねw


不動産投資 ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村
- - - - - - - - - -PR- - - - - - - - - - 
「すい臓」を大切にして進化する世界初の技術
(今すぐクリック)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -




カンボジアの大地

こんにちは、日本海大家です

カンボジアのゆめき先輩が日本人投資家の為に、とても貴重な情報を下さっているので少し転載してご紹介します。

詳しくは、
「カンボジア日記  ゆめきの日々」←ココをクリックしてお読み下さい。

転載開始

カンボジアの大地

昨年から降雨が少なく、川の水も推移が低いので川の水を引き込めない所では水不足が激しく、井戸も枯れまして政府の行う水配給が命綱です。
水不足はカンボジア全土で顕著になりまして、川の水位も下がりっぱなし。
中国では、長江に観測史上初めての推移を観測するほど降雨が激しいのですが、半分ぐらいカンボジアに降って欲しいですね(笑)
タイでも、水不足が激しくなりましたけど、4月下旬になりましたので南部地域では降雨のある場所もありますが、全体的には雨が無いので水なしで大地は枯れていまして、山火事も含めて火事が頻発してまして、今年は災害の年になりそうです。

※タイとカンボジアでは外気温の温度がかなり違いまして、カンボジアでは全土でしょっちゅう40-44度程度にはなりますけど、タイでは40度を越える地区はあまりありません。
しかも、カンボジアでは41度を超えた時から「熱風が吹き初めまして」、初めてだと涼しいと勘違いしますけど、乾燥した熱風が身体に注ぐと肌が一気に乾燥して鼻の穴も乾燥します。
身体の粘膜が乾燥する事はとても危険な前兆なので、なるべく「熱風」を避ける行動が必要です。
この時は、なるべく随時水の補給が欠かさずにした方が良いです。

私の場合の対処法
部屋に数時間引きこもり、窓も全部締めて熱風が部屋の中に入らないようにしまして、午後暗くなったら窓を開放する感じですね。


いつものように天気から

プノンペンは、4月中旬には41-43度になり熱風が吹きまして、日向で直射日光で熱風に身体が晒されると「皮膚の汗」が直ぐに蒸発し服はビショビショですから、午後の暑い時間帯は日陰で休むのが体調を維持するコツですけど、食事にも注意が必要で「塩分の濃い」クマエ食事(当地の食事)が最適と思います。
日本的な食事ですと、日々身体に保持されている塩分の濃度が薄まりまして「身体異変=クダウ」になり易く、皮膚に「クダウ=スキン・インフェクション=できもの」が出来て治癒するまで辛い日々を過ごすことになりますし、他の身体異変もありまして「なんとなく体がだるい」を感じるようになります。
日本的には夏バテとも言えますが、当地の気候に身体が即応していないという事の証明ですので、積極的に徒歩での街場歩きは「厳禁」な時期とお心得下さい。

※身体的体力が顕著になりますので、常日頃「クーラーで過ごす生活」をしている方や加齢な方は十二分に注意が必要で、20代の人々とは比較にならない身体対応能力という
事を意識して行動するという事です。


カンボジアで、4月18日にバッタンボンでは「雹=ひょう=氷」が降りまして、プノンペンでは19日に雨が1分程度降りました。
ただし、降った雨がとても冷たく、私の身体に当たった瞬間に「冷たいので避けなければ」という意識がありまして、直ちに他人の軒下に入りまして直接身体に当たる雨を避けましたけど、とても冷たかったです。
雨は直ぐにおしまいになりましたので、道路と建物が完全に冷えませんから「蒸す」感じですので、何となくかえって熱く感じました。

タイでは、北部地域で雹が降りまして、氷の直径は20-30mm程度ですからかなり大きな雹ですし、雷と暴風雨も有りまして外気温がかなり下がりましたけど、バンコクを下に位置して考えると、ピサノロークから左に直線でアマンダン海に向かったとして上の地域では36-42度外気温がありまして、下の地域では35-40度程度でしたから、この地域だけの気温が吐出していた外気温でした。
なお、ベトナムのハノイでは、4月20日の外気温は16-25度程度と予測されてますので「丁度いい塩梅」の外気温で、さらに中国寄りの北部山岳地帯は13-18/19度の外気温予測で、ダナンの中部地域では25-34/36度程度が予測され、ホーチィミンでは26-37/39度程度が予測されていますが、ベトナムは連続降雨が多く一旦雨が降ると外気温が一気に下がりますので、数時間程度雨が降り続くと10度近く下がりますので、身体が雨に何時間も濡れると「とても風邪を引きやすい」事を意識して欲しいと思います。

えーと、番外
ラオス
首都ビエンチャンは結構暑いですけど、更に北部地区は「寒い気温」が表示され、ネパールの首都カトマンドウは寒い気温でした。
今年の中国では、季節外れの雪が降った地域があり、雪がみぞれに変わりみぞれが雨になりまして洪水になった地域があるので、山岳地域は今でも「かなり寒い」外気温ですから、訪問される方は合着程度は必要になると思います。

転載、ここまで

まずゆめき先輩からのアドバイスを見ていきましょう。

カンボジアの大地について

>昨年から降雨が少なく、川の水も推移が低いので川の水を引き込めない所では水不足が激しく、
>井戸も枯れまして政府の行う水配給が命綱です。
>水不足はカンボジア全土で顕著になりまして、川の水位も下がりっぱなし。

カンボジアに投資を考える前提としまして、カンボジアの人口が増えていくかどうか?というのがあります。

日本が発展した要因の一つとして人口が1億人以上いて、国内での需要が結構あるという項目が上げられます。

隣国の半島では南北に国を分割された関係で、人口が少なく、国内生産した工業製品を国内だけで消費する事が出来ない為、輸出依存の不安定な状況です。
アジア通貨危機に便乗して、銀行や大手企業を根こそぎ外資に買われて、半島の人民は奴隷状態で搾取され続けています。
お金もなく、大学を出ても就職も出来ず、あるのはプライドだけという非常に厳しい状態ですので、思いやりの気持ちで、遠くから眺める必要がございます。

日本が人口が多くてラッキーと書きましたが、人口は水の量で決まります。
水があると、農業が出来るので、食料が作れます。
食料が無ければ餓死しますので、水がある事の有難さを日本人はもっと意識する必要があります。

話を戻して、カンボジアでは、水不足だとの事。
これは投資家としては、見逃せないポイントです。

水が無いと、人口が爆発的に増える可能性が低いので、現状での
人口 総計(2013年)15,135,000人
がどの位の人口に増えて行くのかを検証する必要がありそうです。

続きまして気温の問題

>タイとカンボジアでは外気温の温度がかなり違いまして、カンボジアでは全土でしょっちゅう40-44度程度にはなりますけど、
>タイでは40度を越える地区はあまりありません。

これも、さりげなく書いてありますが、投資家としては見逃せないポイントです。
日本に住んでいますと、タイもカンボジアもベトナムも全部同じように暑いのイメージですが、現地からのリポートでは、カンボジアはメチャクチャ暑く、水もないとの事。

これは、かなりのマイナスポイントです。

気温が暑くても、水が豊富なら、農業つまりは食料の生産が可能に成ります。
水が無いのかぁ~!
困りました。

その他、ベトナムはまあまあ涼しいとの事ですが、何かなあと言う感じですし、ラオスさんもビエンチャンは結構暑が北の方は結構涼しいとの記載が有ります。

カンボジアとともに出遅れていますラオスさん、天然の鉱物資源も豊富で水が有るので水力発電で隣国に売電して儲けているとの事で、これだけ聞くと、カンボジアさんからラオスさんに浮気したくも成るのですが、残念な事に海に面していないのと、川に滝が有って海から船で上れないという致命的な弱点が存在します。
物が安く作れても、輸出に金が掛かるようでは発展しようが有りませんん。

高速道路網が構築されてば一気に来るかもしれませんが、今のところちょっと早いかも。

ただカンボジアほど、外資が入ってバブルではないので、この部分は良いですね。(と思ったが中国資本がガンガン入っているそうですw)

ラオス人民革命党による社会主義国型の一党独裁制(一党制)が敷かれているとの事で、どんなものでしょうか?

定期預金金利もカンボジアっぽく高いとの噂もあり、調べてみる価値は有りそうです。

ラオスに詳しい神の降臨を期待します!


不動産投資 ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村
- - - - - - - - - -PR- - - - - - - - - - 
「すい臓」を大切にして進化する世界初の技術
(今すぐクリック)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -






pinponpanさんからの提言

こんにちは、日本海大家です

pinponpanさんから、素敵な提言を貰いましたので、シェアしたいと思います。

以下、コメントの転載

私のコメントのベースは「表面利益で年50%以上」を念頭に置いたものです。
また「信頼関係を構築出来なければ、言葉はあまり意味がないのです。
大切ななのは、コミュニケーション能力や人間味(愛嬌)だと思います」はある意味もっともだと思いますが、
反面、東南アジアではそうした人たちを対象に待っているプロや素人詐欺師が大勢いるようです。
残念なことですが、そうした人たちにとって信頼関係とは蜃気楼みたいなもののようです。「アジアで沈没する人々:ベトナム・ブログ」にいくつか具体例が出ているので、参考になるかもしれません。

ひとつコメントを忘れました。
ご存じだと思いますが、為替はリスクが付きまといます。年間に12%前後動くのはザラです。
特に高金利の銀行、また高金利を出す国の経済は大きく変動することが見込まれまれ、従って為替リスクの変動幅も大きくなります。結果として為替が良い方向に動けばいいのですが、そうならない場合も良くあるようです。
カンボジアはドルにヘッジしているといっても、その米ドルやユーロも例外ではありません。

転載、ここまで

そうですね、海外では日本人が日本人の一番の敵という事なのでしょうか?w

私の先生の
ゆめき師匠も、外国人は噓を吐くのを悪いとは思っていないと仰っていました。

私のいう海外の足場というのも、友達というよりも、現地人との血縁関係のある家族のグループ関係を構築するという意味合いです。
まあ、この方法は既婚者の私にはかなりハードな事柄ですw

是非とも未婚の日本男性に頑張って欲しいと思います。

簡単にいうと、仕事を作って、働いて貰って、生活の不安を無くしてあげるのが良いかと思います。
まあ、どちらにしても難しいですよねw

貧しい国で金儲けは大変ですよ。
たぶんw


為替について

現在、黒田日銀総裁が全力で円安誘導をしていますが、これが続けられるのは、最長で来年の米国大統領選挙までです。

円安誘導、つまり日本国内で円で資産を持っている人が、大幅に損をする政策をしているという事ですw(馬鹿だよね!)

日本国の損得で言えば、円高最高なのですが、国内の輸出系企業(トヨタなど)から見ると大変だ!という事になり、国民より献金をくれる企業を守れという事に成ります。

そもそも現在の日本は輸出大国ではなく、内需国でありまして、円安のメリットよりも円高のメリットの方が多いのです。

円安で儲かるのは、トヨタなどの輸出系企業に就職している人とその関連企業の人だけです。
しかもシャープなど日本に見切りを付けて、海外に工場を大幅に移転をしてきた企業は、円安のせいで苦境に陥っています。

トヨタなどは、国内には日本円での資産、海外ではドルやユーロで資産運用をしていいますので、日本国内が円安で損をしても、海外資産の部分では為替面でプラスなので、資金の量が国内=海外であれば、あまり為替の影響は無い事に成ります。

為替のリスクを恐れ、国内に引籠もるよりも、多少は海外でドルの資産を持つのもありだと思いますし、海外に第二の故郷のように訪れられる場所を確保するのも、そんなに悪くは無いと思います。

前にも書きましたが、お金儲けだけを考えたら、日本で稼いだ方が簡単です。
でも、同じ事の繰り返しだと、つならないし飽きてしまいます。
なので、経費で落として海外投資なのではないでしょうか?

まあ、海外での儲けは海外で使うと考えれば、為替リスクは関係無くなりますw

カンボジアリエルでの預金の場合はインフレのリスクが確かにあります。
現状ではドルペッグされているので問題は少ないですが、ドルペッグをいつまで維持質出来るかは誰にも分かりません。

そもそもリスクの観点でいったら、カンボジアは投資不適格な国なので、問題外ですw

でもリスクが有るから、面白いっていうのもあると思うよ!


不動産投資 ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村
- - - - - - - - - -PR- - - - - - - - - - 
「すい臓」を大切にして進化する世界初の技術
(今すぐクリック)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -




宮崎正弘の国際ニュース・早読み 平成28年4月23日

こんばんは、日本海大家です

中国系の経済ネタです。

宮崎正弘の国際ニュース・早読みからの転載です。

中国ネタが好きな人は、メルマガ登録してお読み下さい。

以下、メールマガからの転載

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成28年(2016)4月23日(土曜日)弐
          通算第4889号

ソロス、またまた中国に深刻な警告。「いずれ破局を迎える」
  資金注入は「放物線サイクル」を描き、年内に激しく直地するだろう
***************************

 ソロスがまた吠えた。
 4月22日、ニューヨークで開催されたアジアソサイアティで記念講演に立ったジョージ・ソロスは「銀行預金より貸し出しが多い」という初歩的な疑問から「中国が銀行間の貸しだしをしなければならない現状は『不安定』と『不確実』な状況をさらに悪化させる」とした。

16年があけて、第一四半期だけでも4兆元を市場にぶち込んだが、裏付けとなる国債をだしたわけでもなく短期政府証券をだしたわけでもなく、外為の相対取引はなかった(というより外貨準備は同時期に大幅に減ったのだからドルと人民元の相対取引で国内に人民元を供給することはできない)。
つまり『裏付けのない貨幣をばらまいた』ことになる。

三月だけで、新規貸し出しは2兆3400億元(邦貨換算=42兆円強)。主目的は不動産バブルをいま一度煽るためであろう、と推測できる。
国有銀行のかかえる不良債権を表面化させない目的と倒産寸前の企業にカンフル注射を打っているわけだ。

 「このような潜在的不良債権の水ぶくれは、危機をますます深化させて行くだろう」とソロスは警告を続けた。
 「不動産価格を無理矢理上昇させる行為は、放射線上に投げた物体がいずれ着地するように、いまより深い傷となることは明白だ」とソロスは例え話をつづけ、米国のサブプライムローンの破綻と酷似するパターンが、ますます悪化をつづけてゆく、とした。

 2016年3月末の中国外貨準備は3兆2100億ドル、過去一年間に中国から去った外貨は5170億ドル。
 中国は明確に外貨流失を阻止する規制を強化している。

転載、ここまで

本当に中国が崩壊したら、日本にもかなりの影響が有りますよね。
韓国とかとは桁が違いますw

この文章でちょっと気に成る点が有るんです。

>外為の相対取引はなかった(というより外貨準備は同時期に大幅に減ったのだからドルと人民元の相対取引で国内に人民元を供給することはできない)。

この文章なんですが、「外為の相対取引は無かった」の部分は良いんですけど、「外貨準備は同時期に大幅に減ったのだからドルと人民元の相対取引で国内に人民元を供給することはできない」の部分がちょっと?

米国内の米国債などの米ドルの残高が減ったのは分かります。
実際に元安を食い止める為に、米ドル売り元買いの為替介入をしていたらしいので。
元買い介入で外貨準備が減ってるのなら、おかしくないよね?

為替介入の為に米ドル売り=外貨準備高の大幅減少=中国国内に元が大量に還流→中国国内の銀行に元の大量供給

外国の会社や施設を元の支払い条件で爆買い。

これなら、別に問題ないような気もします。
私の感じる違和感はおかしいのかな?
勝手に書き足して盛ってないか?w

このカッコ中の文章って、ソロスが実際に喋ったの?

あと、これも

>ジョージ・ソロスは「銀行預金より貸し出しが多い」という初歩的な疑問

日本だと銀行預金と貸し出し額は同じでないらしいです。
中国は知らんけど。
これを信用創造と言いまして、日本の場合だと、顧客に100万円の預金をして貰えると、その銀行は800万円~1000万円くらい貸付出来るんだってw
預金者に100万円分の利息を払って、借り手からは1000万円分の利子を取れるから、銀行はお金持ちなんだそうなw
苫米地博士が言ってたw

ソロスが馬鹿なの? 
原文の訳がやばいの?
面白くするのに改ざんしたの?

ナゾは深まるw

宮崎さんの話だと、毎年今直ぐの感じで、中国が崩壊しているだよね。
実際にじわじわと崩壊には向かっているんだと思うけど。
本を売るための煽り?
それとも中国人が異常に優秀なの?

実際問題、
ヤバイヤバイと言われていると、何とか必死で対策するで、結構延命されて、
大丈夫だと安心してると、ズバット飛んだりするんで、気が抜けないやw

で、この文章は正しいの?
天才の解説を待つw



不動産投資 ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村
- - - - - - - - - -PR- - - - - - - - - - 
「すい臓」を大切にして進化する世界初の技術
(今すぐクリック)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -




プロフィール

日本海大家

Author:日本海大家
メールを送る
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
リンク