謀略失敗 日産の憂鬱

こんばんは、日本海大家です

日産と三菱自が資本提携で会見 34%出資で『ウィンウィンの提携に』とゴーン日産社長

2016.5.12 16:21

日産自動車と三菱自動車の両社トップが12日、横浜市内で記者会見し、資本業務提携の実現に向けて協議に入ると発表した。会見したカルロス・ゴーン日産社長は「2370億円を投じ、34%を出資する」と話した。これにより、日産は三菱自の筆頭株主となる。

転載、ここまで

三菱の燃費不正問題から始まった、三菱の存続問題が日産の資本投入で決着した。

今回の問題の
株式会社NMKVは日産自動車株式会社と三菱自動車工業株式会社が折半出資で設立した会社で、社長は日産が送り込んだ 遠藤淳一CEO

日産と三菱の双方で50%出資で対等の合弁会社です。

社長が日産系で、日産が経営権を握っているのにも関わらず、NMKVの燃費不正問題をリークして、その結果、三菱の株価は2016年4月19日の終値864円、翌日には問題のリークが漏れたのか733円下がり、その翌日からはストップ安。
この問題発覚で2016年4月27日には412円まで売り込まれた。

日産は、労働組合が強く、日本の最高水準の車は作れないくせに、人件費的にはトップクラスなのだ。

この為、軽自動車をローコストで作る技術もなく、自社工場で生産すると人件費の問題で競争力が確保が出来ない日産は、三菱自動車との合弁会社を設立して、軽自動車をOEM調達していた。

販売台数の低迷に悩む日産は、利幅は少ないものの、販売台数の数字が欲しくて軽自動車販売していた。

三菱との合弁会社NMKVを買収してしまえば、日産の利益も増えるので、三菱に日産本体で軽自動車を自社生産すると圧力を掛けながら、NMKVを実質的に日産の子会社にする事に同意しろと圧力を掛けていた。

三菱の技術では燃費向上などの面で期待が持てないとの判断も背景に有ったと推測される。(日産に燃費向上させる技術があるとは思えんがw)

三菱からすると、トラの子の軽自動車部門を日産に取られたら、それこそ会社が崩壊してしまうので、当然に日産と激しく対立する事になる。

このような背景の中、日産による三菱の燃費不正問題が暴露される事になる。

日産からみて、魅力的なのはNMKVだけで、その他は不要というかお荷物でしかない。
しかしながら、海外のメーカー(特に中国の自動車メーカー)からみると、三菱の買収はとても魅力的で、5000億円程度なら買い手はたくさんいると言われていた。(その候補にはグーグルやアップルの名前も有った・自動運転技術を搭載した自動車製造の目的で)

つまり、三菱自動車全体では糞会社だが、不正を暴いて株価を下げ、会社を解体すると非常に魅力的だったのだ。

日産は三菱を潰して軽自動車製造のNMKVを奪い、その他は中国企業に売り払うのが当初のプランだったと言われている。

日産はフランスのルノーの資本を受け入れ、カルロス・ゴーンが社長を務め、フランスと中国が蜜月な関係で有る事から、このような疑惑が囁かれているのだ。

この事態を重く見た、安倍総理の指示で、日産の三菱救済が決まったと見るのが妥当だ。

日産は政府からかなりの圧力を受けただろうと推測される。

政府からの日産への要求は三菱に出資して救済しろ、そして三菱を解体してバラ売りは禁止。
その見返りに

以下転載

日産は、新規発行される5億660万株の三菱自動車株を、1株当たり468円52銭で取得する予定。この価格は前日終値よりも5.3%低い水準となる。株式の取得は、16年末までに全ての手続きが完了する見込み。

転載、ここまで

という飴玉と、NMKVの不正燃費問題は三菱の責任で、日産の責任は不問。
三菱を潰して、バラ売りを画策した疑惑の隠蔽協力を政府から受けた。

と、ここまでが私の妄想ですw

しかし、日産もここまで汚い手を使うのか!と思われるほど、売国会社に成り下ったw
社長がフランス人だから悪いのか?

そもそも糞会社の日産と、超糞会社の三菱が提携して、何か生まれるのか?
とても疑問に感じますw

日産がNMKVを完全子会社化したのち、外国企業に三菱自動車を売り渡さないように、国民は監視する必要があります。

でもさ、第三者割り当ての株式価格の468円52銭って、価格を勝手に決めても問題ないの?
今後、問題化しそうな予感w


不動産投資 ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村
- - - - - - - - - -PR- - - - - - - - - - 
「すい臓」を大切にして進化する世界初の技術
(今すぐクリック)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -




プロフィール

日本海大家

Author:日本海大家
メールを送る
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
リンク