傾斜角度と方位角度による発電ロス







こんにちは、日本海大家です

傾斜角度と方位角度による発電ロスについて、興味深いブログの記事があったのでご紹介します。


IMG_5539.jpg

http://minoli-solar.com/2017/04/05/post-606/#comment-651

以下、転載

この表はあくまでも年間平均での値ですから、とくに朝方と夕方のピークカットしない時間帯の発電量が大事になる過積載の場合、違う結果になることは予想できます。例えば、傾斜角度30度なら、夏場の朝夕は背中側に太陽が回り込むために大事な時間帯の発電量は傾斜角度10度よりかなり不利になります。

転載ここまで

ここでいう過積載とは、10Kwのパワコンに10KWの太陽光パネルを設置するのが一般的な設置方法だとすると、10Kwのパワコンに16Kwのパネルなど、パワコンの出力より多くのパネルを接続する設置方法です。

10Kwの太陽光パネルがいつでも10Kwの発電をしているわけではありません。

一定の条件をクリアした光量がパネルに当った時に発電出来るだけなのです。

つまり、早朝や夕方など薄暗い時の発電量は少なく、日中の発電量は大きく成ります。

いま、何故過積載が注目されているかというと、日本の太陽光発電のシステムの認定の仕組みが、パワコンの出力かパネルの出力の小さい方を、システムの発電量としているので、ここの盲点をついて売電収入を増やす事が可能だからです。

現在の仕組みは50Kw以下の発電所を低圧発電所と呼び、コストを抑えて売電が可能に成っています。

例えば、パワコンが100Kwでパネルも100Kwだと高圧発電所となり、手続きや設備機器や接続費用が高額に成ります。

これに対して、パワコンが50kwでパネルが100Kwだと、パワコンの50Kwを設備の認定基準とするので低圧発電所と成ります。

過積載とはパワコンを50kw以下にして、低圧発電所として売電しながら、発電するパネルはたくさん設置して、売電出来る電気の量を増やすという仕組みです。

簡単に言うと、お金を出来るだけ掛けないで、売電収入を増やすテクニックだと思って下さい。

ここで過積載にした時の表がこれです。

ダブル過積載バージョン
IMG_5548-768x125.jpg

通常の設置だと真南30度が一番お得ですが、200%過積載で設置(パワコン50Kwパネル100Kw)だと真南20度が効率が良い事になります。

ちなみにパネルの角度をきつくすると、たくさんの敷地が必要に成ります。

理由は影が出来る範囲が広くなるので、パネルの間隔を広げる必要が有るからです。

この表から160%程度の過積載の場合は25度程度が良いかもしれないですね。

IMG_5415.jpg

過積載すると、発電のピークが削られて、そのかわりに早い時間から遅い時間まで高い売電状態を維持します。

150215 (1)

以下、転載

2月15日の某発電所のパネル枚数と発電量のグラフです。

南向き仰角24度。

青色が300Wパネル6直列(0.9倍)

緑色が8直列(過積載率1.2倍)

その他が10直列(過積載率1.5倍)

なかなか興味深いデータですね。

これを見ると一般的な過積載率1.2倍(60KW)だと

少し物足りない気がします。

理想的なレイアウトが出来るなら、

1.4倍あたりが投資効率的には最適かもしれません。

モチロン生涯発電量重視なら1.5倍以上となりますね。

どのくらいの過積載がベストか? 2015年2月20日 MINORI-SOLAR

今回は
「過積載番長ひなぱぱの日記」があまりにも素晴らしいのでパックって纏めてみました。
勝手にパクってごめんなさい。


不動産ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村














太陽光発電の固定資産税(償却資産税)







おはようございます、日本海大家です

太陽光発電の固定資産税ってとのくらい掛かるのか調べてみました。

50Kw以下の低圧で1500万円で発電所を買った時の設備に掛かる税金です。(土地の固定遺産是は別です)

50kWの全量売電設備を1500万円で購入した場合

1年目
評価額:15,000,000円×(1-0.064)=14,040,000円
税金:14,040,000円×1.4%×(2/3)=131,040円

2年目
評価額:14,040,000円×(1-0.127)=12,256,920円
税金:12,256,920円×1.4%×(2/3)=114,398円

3年目
評価額:12,256,920円×(1-0.127)=10,700,291円
税金:10,700,291円×1.4%×(2/3)=99,870円



16年目
評価額:2,096,846円×(1-0.127)=1,830,546円

税金:1,830,546円×1.4%=25,628円

17年目
評価額:1,830,546円×(1-0.127)=1,598,067円
税金:1,598,067円×1.4%=22,373円

合計で支払う固定資産税額:
1,221,272円
http://standard-project.net/solar/tax/fixed-asset-tax.html

17年で割ると、1年72000円程度の負担のようです。

これに、300坪程度の土地の固定資産税を加えると年間10万円超えはあたりまえな感じかも。

今年度の21円売電の場合、80Kwの過積載の状態で年間収入が180万円程度の売電らしいので、かなりの重税感もw

1500万円を元金均等払いで返済するとすると、年間約90万円。

80万円を12ヶ月で割ると約67000円。

1500万円のリスクを取って、月に7万円(税引き前ですw)

しかも売電期間は20年間のみ。

草刈したりメンテ費用もあるので、やっぱ投資って儲からない感じが否めませんw



不動産ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村














マカオに突撃!



こんばんは、日本海大家です

香港エキスプレスの1380円キャンペーンに引っかかり、1月末から1週間ほどマカオに出撃する事に成りました。

航空券は安いけど、ものもの費用が加算され航空会社には11000円弱のお金を払いました。

そんなに安くも無いか?
香港・成田・片道5500円だぞw

予約したあとに気がついのですが、この時期は中国のお正月の時期らしく、ホテルも価格やカジノの賭けレートを上がっていると思われるので、初心者にとっては、ちょっと微妙な時期の出撃で有ります。

カジノに客がいないのは、とても致命的な状態なので、休みの期間で賑わっているのは弱小ギャンブラーにとって良い状態だと思います。

最初の作戦は、壊滅的に負けている中国人の賭け目に逆張り作戦なので、中国人のお金持ちさんが一杯いるのはうれぴいですw

問題は死ぬ程混んでいるかもしれないので、そこが何とも言えない感じで、気分的にはヤッチまった感で一杯です。(かなりビビッております)

最初は韓国のショボ目のカジノで慣れた方が良かったかもですw

これからカジノのゲームのルールを覚えないと!とか思っているレベルなので、マカオの観光するだけかもです。


不動産投資 ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村














地獄の入口



こんばんは、日本海大家です



航空会社から「地獄」へのお誘いが届きました。

最大 99%割引! ようこそ 2017 SUPER SALE


JP_20170104_inb_SuperSale_07_convert_20161230034211.jpg
JP_20170104_inb_SuperSale_09_convert_20161230033716.jpg

3月は釜山のカジノ、6月にはソウルのカジノに負けに来いと誘われています。

ギャンブルの甘い罠w
オレ狙われてる?



不動産投資 ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村














弧寒



こんばんは、日本海大家です

韓国でカジノ計画を発表しましたが、賢明な読者のみんさんからの反応は薄く、今回も単独行動が濃厚ですw

そもそもギャンブルで勝てる分けがないというのが、賢明な人達の間での常識なので、ある意味自然な反応なのかと思います。

実際問題として、競輪・競馬の控除率は25%で、宝くじは50%という事で、普通の考えでは勝ち目がありません。

それに対して、カジノの控除率は2%程度(本当かどうかは知りませんがw)で、バカラの当るか確率は50%です。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

賭けるゆえに我あり [ 森巣博 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2016/12/28時点)




この本の著者はカジノで稼いで暮らしているそうで、カジノで勝つ方法を本の中で教えてくれていますが、大部分は過去に体験した勝負を再現した文章です。

この本を読んで、納得出来る部分も多かったのですが、これはカジノからお金を貰って、業界の伝道師としての宣伝ではないかと疑いたくなる部分もあり、「本物の話の中に1つ噓を混ぜると効果的」の法則が炸裂している感じがして、とても興味深い本でした。

この本を読むと、たぶん貴方はギャンブルをしたくなりますw

私も昔はギャンブルが大好きでよくやっていましたが、今は面倒なので行きません。

たまにやっても良いかなと思うのは麻雀くらいでしょうか?

麻雀はとても面白く、でもやると疲れるので面倒な感じです。

個人的には麻雀は強い奴が勝つゲームなので、ギャンブルでは無いと思いますw

パチンコもスロットも有効な攻略法が存在すれは、これもギャンブルではなく作業です。
攻略法が無ければギャンブルになり、必ずといって負けます。

ギャンブル好きの私が唯一体験していないのがカジノです。
これはもう期待が高まり捲くりですw

しかも、昔と違い家賃の上がりだけをブチ込む分には、何の問題も生じません。(現金買い不動産投資家の特権ですw)

私が思うギャンブルの哲学は次の通り

1.ギャンブルで勝つには我慢が必要である。

2.十分にツキに乗るまでじっくりと待て!

突き詰めて言えばこの2つだけです。

ギャンブルで毎日勝ち続ける事は出来ません、不可能です。

しかし、負ける日の負け金額を少なくする事は可能です。

勝てる日にはしっかりと勝ち、負ける日には少ししか負けない。

これがギャンブルで稼いで生活するたった一つの方法です。

最終的には苦労とリターンのバランスですよねw

最後に「弧寒」という言葉。

最近読んだ小説に出て来た言葉です。

小説の文脈上では、とてつもなく孤独で心の底から寒い様子をイメージ出来る言葉として、象徴的に使われていました。

どんなにお金が有っても、孤独で心の底から寒いのは嫌ですよね?

家族のいない人は妥協してでも、家族を作った方が良いと思います.

喧嘩する相手すらいないのは、それこそ生地獄だと思うのですが、みなさんはどう思う?

「弧寒」という言葉は中国語らしいのですか、意味はなんと「ケチ」だそうです。
なんだ、オレの事かw


不動産投資 ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村














プロフィール

日本海大家

Author:日本海大家
メールを送る
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
リンク