ミャンマーも高金利の預金が出来るらしい!

こんにちは、日本海大家です

ネットサーフィンしていたら、何とミャンマーでも高金利が付くらしいw

KBZ銀行でミャンマー チャット (MMK) 建て普通預金年利8.25%

1年定期預金だと10%くらいの模様

米ドル定期は金利が付かない。

外国人だと利息が付かない銀行が多いらしい。

KBZ銀行の口座開設はパスポートとお金があれば、代行業者なしでも簡単との事。(まあ喋れる人だけかもw)

ミャンマーKs建て口座で年利8.25%!KBZ銀行なら外国人でも高金利口座が開設できる DAY.469
2016/3/9

ATMでお金を引き出すと5ドルの手数料が掛かり、最高3万円くらいしか引き出せないとか、ナゾのルールがあるらしい。
これだとカンボジアの方が良いのか?w

現地では、口座開設は出来ないという噂が流れていて、それを回避する為に代行業者さんに頼むと10万円とか掛かるらしい。
まあ、現地で新規事業をする人なら払うかもね。
この国も、ガチガチの賄賂国家の薫りがするよねw


不動産投資 ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村
- - - - - - - - - -PR- - - - - - - - - - 
「すい臓」を大切にして進化する世界初の技術
(今すぐクリック)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -




日本の借金、100兆円に激減 日銀さまバンザーイ!

こんにちは、日本海大家です

日本の借金1000兆円と騒がれておりますが、最近の日銀による日本国債買い捲り・なんと350兆円のおかげて、日本国の実質の借金は100兆円と成りましたw

このネタ元は内閣官房参与の本田悦朗氏です。




47分10秒あたりで話しています。

やっぱり日本国は最強ですねw

今日も安心してサボりましょう。


不動産投資 ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村
- - - - - - - - - -PR- - - - - - - - - - 
「すい臓」を大切にして進化する世界初の技術
(今すぐクリック)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -




米、監視対象に日本初指定=為替市場介入をけん制(実際に圧力が掛かっているそうです・発言修正)

おはようございます、日本海大家です

ヤフーのトップニュースに出ていました。

米、監視対象に日本初指定=為替介入をけん制
時事ドットコムニュース

【ワシントン時事】米財務省は29日、主要貿易相手国の為替政策を分析した半期為替報告を公表した。多額の対米貿易黒字などを抱える日本や中国、韓国、ドイツ、台湾を為替政策の「監視リスト」に初めて指定。円の対ドル相場については「秩序立っている」として、日本の安易な市場介入をけん制した。
 外国為替市場では円高・ドル安が急速に進行し、29日の海外市場では約1年半ぶりに1ドル=106円台前半を付けた。米政府が日本の為替介入に否定的な見解を示したことで、今後は円高がさらに進む可能性がある。
 監視リスト指定は貿易円滑化・貿易執行法に基づく措置。自国通貨安を誘導する介入を繰り返す国などを監視する。米政府の指摘に従わなければ、制裁を科す可能性がある。日本は中韓独とともに、対米貿易黒字と経常黒字額の大きさが問題視され、指定された。
(2016/04/30-08:42)

転載、ここまで

ここからNHK

日本については対米貿易が多額の黒字になっていることから対象となりましたが、過去4年間、
円安に誘導する市場介入はしていないと指摘しました。ただ、報告では日本の政府内から、
このところの円高ドル安傾向は「過度な動き」で、「場合によっては必要な措置をとる」と市場介入を
示唆したとも取られる発言が出ていることに触れて、今の円相場の動きは「秩序を保っている」という見解を示して反論し、日本をけん制しました。
この「監視リスト」はTPP=環太平洋パートナーシップ協定を巡り、アメリカ議会が意図的な為替操作への
監視強化を求めたことに対応したもので、今後、対象国の為替政策などが重点的に分析されることになります。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160430/k10010504471000.html


アメリカ様からの圧力キター!と思ったら、

>円の対ドル相場については「秩序立っている」

という事で、現状政策では問題なしのお墨付きw
日本の政策は、日本国債の金利引き下げて、海外の債権を全力でお買いなさい!と銀行・生保に強要する政策だもんねw(米国国債を大量に日本のお金で買います!)
怒るわけないよね。

と思ったら、本当に圧力が掛かって、黒田日銀総裁がビビる!


為替介入なんてするわけないけど、口先だけ。

これだけ緩和政策をしても円高に振れるとは、実にストロングジャパンやねw

これを圧力っぽく、アメリカ様が怒っています的な報道する、日本の糞マスコミさんは、どうなん?
あやうく騙されそうに成ったやんw(と思っていたけど真実でした、ごめんなさい)

ロシア機、また異常接近=米偵察機まで7.6メートル
時事ドットコムニュース

【ワシントン時事】米国防当局者は29日、ロシア軍のスホイ27戦闘機が同日、バルト海上の国際空域を飛行していた米軍のRC135偵察機に、約7.6メートルの距離まで異常接近したと明らかにした。CNNテレビによると、ロシア機は接近後、米軍機の機体を挟んで横回転する「バレルロール」と呼ばれる飛行を行ったという。
(2016/04/30-08:18)

転載ここまで

ロシアもやりますね!
挑発しまくりw

こんなロシアのプーチンさんと、オバマ大統領の電話を無視して会談を強行する安倍総理は素敵ですw
ちょっとアメリカさん、舐めれれ過ぎじゃないの?

巨大牧場売却に「待った」=中国の影響拡大懸念-豪
時事ドットコムニュース

【シドニー時事】オーストラリアのモリソン財務相は29日、中国企業による豪国内の巨大牧場買収を承認しないとの仮決定を下した。牧場は国土の1%超を占め、広大な土地が中国の影響下に入るのは「国益に反する」と強調した。外資誘致を重視する豪政府が外国投資案件を拒否するのは異例だ。
 S・キッドマン社が売り出した牧場の総面積は10万平方キロと、韓国の国土に匹敵。中国の上海鵬欣集団の傘下企業などが3億7070万豪ドル(約310億円)で落札した。
 兵器試験場に近い牧場を対象から除外するなど配慮したが、安全保障上の懸念を拭えなかった。国内には、買収後の軍事利用や、牛肉を全て中国に出荷することへの警戒論がある。
 ターンブル政権では「親中」ととれる政策が続いていたが、今回は厳しい態度で臨んだ。次期潜水艦建造計画では今週、仏企業を選定し、本命視された日本は受注を逃した。「日本製採用に反対する(最大貿易相手の)中国に配慮した」と分析する専門家もいる。
(2016/04/29-17:21)

転載ここまで

少しは脳みそあるのねw



不動産投資 ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村
- - - - - - - - - -PR- - - - - - - - - - 
「すい臓」を大切にして進化する世界初の技術
(今すぐクリック)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -




カンボジアの大地

こんにちは、日本海大家です

カンボジアのゆめき先輩が日本人投資家の為に、とても貴重な情報を下さっているので少し転載してご紹介します。

詳しくは、
「カンボジア日記  ゆめきの日々」←ココをクリックしてお読み下さい。

転載開始

カンボジアの大地

昨年から降雨が少なく、川の水も推移が低いので川の水を引き込めない所では水不足が激しく、井戸も枯れまして政府の行う水配給が命綱です。
水不足はカンボジア全土で顕著になりまして、川の水位も下がりっぱなし。
中国では、長江に観測史上初めての推移を観測するほど降雨が激しいのですが、半分ぐらいカンボジアに降って欲しいですね(笑)
タイでも、水不足が激しくなりましたけど、4月下旬になりましたので南部地域では降雨のある場所もありますが、全体的には雨が無いので水なしで大地は枯れていまして、山火事も含めて火事が頻発してまして、今年は災害の年になりそうです。

※タイとカンボジアでは外気温の温度がかなり違いまして、カンボジアでは全土でしょっちゅう40-44度程度にはなりますけど、タイでは40度を越える地区はあまりありません。
しかも、カンボジアでは41度を超えた時から「熱風が吹き初めまして」、初めてだと涼しいと勘違いしますけど、乾燥した熱風が身体に注ぐと肌が一気に乾燥して鼻の穴も乾燥します。
身体の粘膜が乾燥する事はとても危険な前兆なので、なるべく「熱風」を避ける行動が必要です。
この時は、なるべく随時水の補給が欠かさずにした方が良いです。

私の場合の対処法
部屋に数時間引きこもり、窓も全部締めて熱風が部屋の中に入らないようにしまして、午後暗くなったら窓を開放する感じですね。


いつものように天気から

プノンペンは、4月中旬には41-43度になり熱風が吹きまして、日向で直射日光で熱風に身体が晒されると「皮膚の汗」が直ぐに蒸発し服はビショビショですから、午後の暑い時間帯は日陰で休むのが体調を維持するコツですけど、食事にも注意が必要で「塩分の濃い」クマエ食事(当地の食事)が最適と思います。
日本的な食事ですと、日々身体に保持されている塩分の濃度が薄まりまして「身体異変=クダウ」になり易く、皮膚に「クダウ=スキン・インフェクション=できもの」が出来て治癒するまで辛い日々を過ごすことになりますし、他の身体異変もありまして「なんとなく体がだるい」を感じるようになります。
日本的には夏バテとも言えますが、当地の気候に身体が即応していないという事の証明ですので、積極的に徒歩での街場歩きは「厳禁」な時期とお心得下さい。

※身体的体力が顕著になりますので、常日頃「クーラーで過ごす生活」をしている方や加齢な方は十二分に注意が必要で、20代の人々とは比較にならない身体対応能力という
事を意識して行動するという事です。


カンボジアで、4月18日にバッタンボンでは「雹=ひょう=氷」が降りまして、プノンペンでは19日に雨が1分程度降りました。
ただし、降った雨がとても冷たく、私の身体に当たった瞬間に「冷たいので避けなければ」という意識がありまして、直ちに他人の軒下に入りまして直接身体に当たる雨を避けましたけど、とても冷たかったです。
雨は直ぐにおしまいになりましたので、道路と建物が完全に冷えませんから「蒸す」感じですので、何となくかえって熱く感じました。

タイでは、北部地域で雹が降りまして、氷の直径は20-30mm程度ですからかなり大きな雹ですし、雷と暴風雨も有りまして外気温がかなり下がりましたけど、バンコクを下に位置して考えると、ピサノロークから左に直線でアマンダン海に向かったとして上の地域では36-42度外気温がありまして、下の地域では35-40度程度でしたから、この地域だけの気温が吐出していた外気温でした。
なお、ベトナムのハノイでは、4月20日の外気温は16-25度程度と予測されてますので「丁度いい塩梅」の外気温で、さらに中国寄りの北部山岳地帯は13-18/19度の外気温予測で、ダナンの中部地域では25-34/36度程度が予測され、ホーチィミンでは26-37/39度程度が予測されていますが、ベトナムは連続降雨が多く一旦雨が降ると外気温が一気に下がりますので、数時間程度雨が降り続くと10度近く下がりますので、身体が雨に何時間も濡れると「とても風邪を引きやすい」事を意識して欲しいと思います。

えーと、番外
ラオス
首都ビエンチャンは結構暑いですけど、更に北部地区は「寒い気温」が表示され、ネパールの首都カトマンドウは寒い気温でした。
今年の中国では、季節外れの雪が降った地域があり、雪がみぞれに変わりみぞれが雨になりまして洪水になった地域があるので、山岳地域は今でも「かなり寒い」外気温ですから、訪問される方は合着程度は必要になると思います。

転載、ここまで

まずゆめき先輩からのアドバイスを見ていきましょう。

カンボジアの大地について

>昨年から降雨が少なく、川の水も推移が低いので川の水を引き込めない所では水不足が激しく、
>井戸も枯れまして政府の行う水配給が命綱です。
>水不足はカンボジア全土で顕著になりまして、川の水位も下がりっぱなし。

カンボジアに投資を考える前提としまして、カンボジアの人口が増えていくかどうか?というのがあります。

日本が発展した要因の一つとして人口が1億人以上いて、国内での需要が結構あるという項目が上げられます。

隣国の半島では南北に国を分割された関係で、人口が少なく、国内生産した工業製品を国内だけで消費する事が出来ない為、輸出依存の不安定な状況です。
アジア通貨危機に便乗して、銀行や大手企業を根こそぎ外資に買われて、半島の人民は奴隷状態で搾取され続けています。
お金もなく、大学を出ても就職も出来ず、あるのはプライドだけという非常に厳しい状態ですので、思いやりの気持ちで、遠くから眺める必要がございます。

日本が人口が多くてラッキーと書きましたが、人口は水の量で決まります。
水があると、農業が出来るので、食料が作れます。
食料が無ければ餓死しますので、水がある事の有難さを日本人はもっと意識する必要があります。

話を戻して、カンボジアでは、水不足だとの事。
これは投資家としては、見逃せないポイントです。

水が無いと、人口が爆発的に増える可能性が低いので、現状での
人口 総計(2013年)15,135,000人
がどの位の人口に増えて行くのかを検証する必要がありそうです。

続きまして気温の問題

>タイとカンボジアでは外気温の温度がかなり違いまして、カンボジアでは全土でしょっちゅう40-44度程度にはなりますけど、
>タイでは40度を越える地区はあまりありません。

これも、さりげなく書いてありますが、投資家としては見逃せないポイントです。
日本に住んでいますと、タイもカンボジアもベトナムも全部同じように暑いのイメージですが、現地からのリポートでは、カンボジアはメチャクチャ暑く、水もないとの事。

これは、かなりのマイナスポイントです。

気温が暑くても、水が豊富なら、農業つまりは食料の生産が可能に成ります。
水が無いのかぁ~!
困りました。

その他、ベトナムはまあまあ涼しいとの事ですが、何かなあと言う感じですし、ラオスさんもビエンチャンは結構暑が北の方は結構涼しいとの記載が有ります。

カンボジアとともに出遅れていますラオスさん、天然の鉱物資源も豊富で水が有るので水力発電で隣国に売電して儲けているとの事で、これだけ聞くと、カンボジアさんからラオスさんに浮気したくも成るのですが、残念な事に海に面していないのと、川に滝が有って海から船で上れないという致命的な弱点が存在します。
物が安く作れても、輸出に金が掛かるようでは発展しようが有りませんん。

高速道路網が構築されてば一気に来るかもしれませんが、今のところちょっと早いかも。

ただカンボジアほど、外資が入ってバブルではないので、この部分は良いですね。(と思ったが中国資本がガンガン入っているそうですw)

ラオス人民革命党による社会主義国型の一党独裁制(一党制)が敷かれているとの事で、どんなものでしょうか?

定期預金金利もカンボジアっぽく高いとの噂もあり、調べてみる価値は有りそうです。

ラオスに詳しい神の降臨を期待します!


不動産投資 ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村
- - - - - - - - - -PR- - - - - - - - - - 
「すい臓」を大切にして進化する世界初の技術
(今すぐクリック)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -






バヌアツの法則

おはようございます、日本海大家です

「バヌアツの法則」っていうのが有るらしいです。

転載開始

バヌアツ沖で地震が発生すると数日遅れて日本でも同規模以上の地震が発生することが多い。

バヌアツの法則が的中する確立派60%から70%。発生期間はバヌアツ沖で地震が発生して
から5日前後と言われている。


転載終了

こんなの初めて聞きましたw
注意するのはタダなので、水を買ったり、パンとかカップめんとか、少し多めに買っておいたら良いかもね。


最近、頻発する大地震。
地震が来ると、馬鹿に高い金を払って建てた、「地震に強い」はずの自宅の価値が少しだけ見出せる。
建物が潰れないというだけで、地震での死亡確率は大幅に下がるので、これからの時代は少しくらい家賃が高くても、耐震性の高い家に住んだほうが良いかもしれないね。


オーストラリアの潜水艦事件

日本が世界最高の水準の潜水艦をオーストラリアに売ってあげても良いよ!
と言ったら、オーストリアも超喜んでいたそうな。

今回の日本製の潜水艦。
性能面では世界一で、アメリカにさえもその静粛性の秘密を漏らしていないトップ機密を含む「クラウンジュエル」なのだ。

この潜水艦は中国の脅威から世界を守る為に提供しても良いよ!というのがそもそもの始まりなのだ。

日本の潜水艦の問題点は原子力潜水艦ではないこと。
この部分を除いては、世界一らいしい。
今回、オーストラリアに納入されたら。米国も機密を盗めると大喜びしていた。

しかし、世界はここまで金欠で政治家の腐敗が進んでいるのかを垣間見る事になる。

今回のフランスとの契約は「造費500億豪ドル(約4兆3000億円)潜水艦12隻」というもので、金を出しても買えない、世界最高の潜水艦を買わない理由は何なんだ?

やっぱり原子力潜水艦が欲しかったのか?(原子力潜水艦だと1年とか2年とか水中に潜りっぱなしでいけるらいい)

と思ったら、フランスは明らかに金儲けで、動力を原子力からディーゼルに載せ替えての、とんでも潜水艦を納入するらしいw

日本製の購入阻止を必死で防いだのは、世界大国の中国さま。

日本製の潜水艦をオーストラリアに買われたら、日本と共同で中国包囲網が組まれるかもしれないので必死だったのだ。

中国様のご自慢の空母は世界基準のエンジンが作れずディーゼルエンジンで、時速40キロしか出ない置物空母w
世界基準だとジェットエンジン搭載が普通らしい。

オーストラリアも500億豪ドル(約4兆3000億円)も出して、ポンコツ潜水艦をご購入。
全くもって意味分からんw

オーストラリアは資源輸出国で、最近の資源安のダメージが深刻で、金が無く、国内の雇用状況も悪いので、フランスの提案するオーストラリア国内での潜水艦製造に傾いたというのが、表向きの理由だそうだ。

オーストラリアの物作りの実力と言えば、大変お粗末で、国産自動車が作れないレベルw

まあ中国さまも、自動車のエンジンが自力で作れず、日本では話題の三菱製エンジンを購入して、車を製造している。

世界最先端の潜水艦がオーストラリアで作れる訳はないので、このレベルの話になれば、日本の出る幕はないのだ。

中国マネーを貰って、国を売る豪州の政治家もどうかと思うが、世界中が金欠病で、正常な判断がつかないレベルらしい。



これは米国にも言える事で、中国べったりのクリントン対失格者トランプの大統領争いをみても感じ取れるではないかw

このままだと、旧約聖書のハルマゲドンが来てしまうよ!


不動産投資 ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村
- - - - - - - - - -PR- - - - - - - - - - 
「すい臓」を大切にして進化する世界初の技術
(今すぐクリック)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -




プロフィール

nihonkai2017

Author:nihonkai2017
メールを送る
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
リンク