絶賛応援! 舛添東京都知事 粘れ!

こんにちは、日本海大家です

舛添東京都知事の問題、凄く盛り上がっていますw

不思議な事に、政治家の皆さんからの批判の声が少ないですよね。

今回の問題の一番の問題点は政治資金規正法がザル法な事なんです。

舛添さんの脳ミソは、政治資金規正法の違反していない=都知事を辞めなくてもいい

というロジックに成っているようです。

しかしながら、舛添さん発言に有りましたように、東京都知事は「トップリーダー」なんですよw

「トップリーダー」が明確に法律違反でなくても、限りなくグレーの税金泥棒ってのは、税金を都民から強制的に徴収して、そのお金を管理執行する責任者に相応しいかと考えると、どう見ても無理がありますw

セコイ泥棒が東京都のお金を管理するなんて、有りえません。

舛添さんを東京都知事にした、東京都民は責任をもって辞めさせる義務があります。

そもそも、こんなに舛添さんが叩かれる原因は、韓国人学校に東京都の土地を提供するという話を勝手に決めてきて、都民からの批判を無視した事が発端です。

毎週末に公用車で神奈川県の別荘に通っていたという暴露も、東京都の職員などの内部告発です。

しかも、別荘に行く前に、自宅を経由していた新事実も明らかになり、この事が真実ならば、都庁から自宅は公用車の利用はOKですが、自宅から別荘へのガソリン代や運転手の人件費や公用車の目的外使用などは、明らかに職権乱用の横領罪に成ります。

しかしながら、私は舛添さんが出来るだけ辞めると言わないで、ひたすら抵抗して、「政治資金規正法」には違反していない!と主張して、他の国会議員もみんなネコババしているのに、オレだけ責められるのはオカシイ!と強烈にアピールして欲しいのです。

今回の「政治資金規正法」の問題と、「政党助成金」の問題は、日本の闇の部分であり、法律を作ったり改正したりするのが国会議員の為、国会議員に不利な法改正はなかなか実行されない現実を変える、絶好の機会なのです。

舛添さんがどんなに粘っても、彼の政治家として、そして有名人としての権威は失墜しました。
雇ってくれる人もいないと思います。

私はケチは大好きですので、舛添さんがケチなのは大いに賛成ですw
しかしながら、本当のケチは、自分のお金も無駄な事には使いないし、例え他人のお金でも、税金でも、政治資金でも、同じようにケチでなければ成りません。

自分のお金の時はケチで、他人のお金の時は無駄使いするのは、ケチではありません。

私が思うには、舛添さんは本当に卑しい人間で、日本人が最も毛嫌いするタイプの人間な事がばれてしましました。


せめて、最後の花道に、日本の腐った政治家が美味しく利用している「政治資金規正法」と「政党助成金」が大問題として取り上げられるまで頑張って欲しいです。

舛添さんの、他の政治家もみんなやっている、法律違反では無い!
だからオレは辞めない!

この展開を強く希望します!

頑張れ舛添!


不動産投資 ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村
- - - - - - - - - -PR- - - - - - - - - - 
「すい臓」を大切にして進化する世界初の技術
(今すぐクリック)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -




マヌケなシャープの選択のその後

おはようございます、日本海大家です

鴻海に買収されたシャープが早くも、壮絶なリンチに!

シャープの再建、人削削減が必要=郭・鴻海会長
2016年 05月 13日 02:14 JST

郭会長は12日夜、社員に充てた書簡の中で「シャープの事業体制を精査した結果、会社全体に存在する非効率性を踏まえると、残念ながら費用の削減なしに再建を実現することはできないことが明確となった。非常に悔やまれることではあるものの、費用削減にはシャープ従業員の削減を伴う必要がある」と語った。ロイターは同書簡を確認した。

書簡は、慎重かつ責任を持って削減を実施していくと説明しているが、明確な削減数については踏み込んでいない。関係筋によると、日本国内で3000人程度、海外事業を含めるとそれ以上の削減数に達する可能性がある。

以上、一部転載

買収前は社長を含めて役員もそのままで良いとか、社員も首切りしないと言ってなかったっけ?

社長が馬鹿だと社員が大変な目にあう、典型的な事例に成りそうw

素直に、産業再生機構の合併再建案に従った方が、みんな幸せだったような気がするよね。

みずほ銀行の罪は大きいよ。
どう責任取るん?


不動産投資 ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村
- - - - - - - - - -PR- - - - - - - - - - 
「すい臓」を大切にして進化する世界初の技術
(今すぐクリック)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -




中国の商業銀行の不良債権 1.75%

おはようございます、日本海大家です

面白い記事を見つけたので紹介します。

以下転載

中国の商業銀行の不良債権、3月末は11年ぶり高水準に

2016年 05月 13日 00:05 JST

[北京 12日 ロイター] - 中国銀行業監督管理委員会(銀監会)によると、国内商業銀行の不良債権は3月末時点で、11年ぶりの高水準、1兆4000億元となった。

国内景気減速のなか、不良債権化が進んだ。銀監会が12日、ウェブサイトで公表した。

不良債権比率は1.75%と、昨年末時点の1.67%から上昇した。

不良債権とは別に、不良債権化リスクのある融資は3兆2000億元と、総融資の4%を上回った。

これらを合わせると、問題融資は4兆6000億元(7060億ドル)と、昨年12月から4280億元増えた。

一部転載 ここまで

7060億ドルに、現時点の為替レート1ドル109.04円を掛けると、76兆9822億円の問題融資額w

これを元に計算すると中国の商業銀行の融資総額は1338兆8215億円。(計算が有ってるか不安だw)

やっぱさ、中国は凄いねw
中国共産党のマジック最強!


不動産投資 ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村
- - - - - - - - - -PR- - - - - - - - - - 
「すい臓」を大切にして進化する世界初の技術
(今すぐクリック)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -




謀略失敗 日産の憂鬱

こんばんは、日本海大家です

日産と三菱自が資本提携で会見 34%出資で『ウィンウィンの提携に』とゴーン日産社長

2016.5.12 16:21

日産自動車と三菱自動車の両社トップが12日、横浜市内で記者会見し、資本業務提携の実現に向けて協議に入ると発表した。会見したカルロス・ゴーン日産社長は「2370億円を投じ、34%を出資する」と話した。これにより、日産は三菱自の筆頭株主となる。

転載、ここまで

三菱の燃費不正問題から始まった、三菱の存続問題が日産の資本投入で決着した。

今回の問題の
株式会社NMKVは日産自動車株式会社と三菱自動車工業株式会社が折半出資で設立した会社で、社長は日産が送り込んだ 遠藤淳一CEO

日産と三菱の双方で50%出資で対等の合弁会社です。

社長が日産系で、日産が経営権を握っているのにも関わらず、NMKVの燃費不正問題をリークして、その結果、三菱の株価は2016年4月19日の終値864円、翌日には問題のリークが漏れたのか733円下がり、その翌日からはストップ安。
この問題発覚で2016年4月27日には412円まで売り込まれた。

日産は、労働組合が強く、日本の最高水準の車は作れないくせに、人件費的にはトップクラスなのだ。

この為、軽自動車をローコストで作る技術もなく、自社工場で生産すると人件費の問題で競争力が確保が出来ない日産は、三菱自動車との合弁会社を設立して、軽自動車をOEM調達していた。

販売台数の低迷に悩む日産は、利幅は少ないものの、販売台数の数字が欲しくて軽自動車販売していた。

三菱との合弁会社NMKVを買収してしまえば、日産の利益も増えるので、三菱に日産本体で軽自動車を自社生産すると圧力を掛けながら、NMKVを実質的に日産の子会社にする事に同意しろと圧力を掛けていた。

三菱の技術では燃費向上などの面で期待が持てないとの判断も背景に有ったと推測される。(日産に燃費向上させる技術があるとは思えんがw)

三菱からすると、トラの子の軽自動車部門を日産に取られたら、それこそ会社が崩壊してしまうので、当然に日産と激しく対立する事になる。

このような背景の中、日産による三菱の燃費不正問題が暴露される事になる。

日産からみて、魅力的なのはNMKVだけで、その他は不要というかお荷物でしかない。
しかしながら、海外のメーカー(特に中国の自動車メーカー)からみると、三菱の買収はとても魅力的で、5000億円程度なら買い手はたくさんいると言われていた。(その候補にはグーグルやアップルの名前も有った・自動運転技術を搭載した自動車製造の目的で)

つまり、三菱自動車全体では糞会社だが、不正を暴いて株価を下げ、会社を解体すると非常に魅力的だったのだ。

日産は三菱を潰して軽自動車製造のNMKVを奪い、その他は中国企業に売り払うのが当初のプランだったと言われている。

日産はフランスのルノーの資本を受け入れ、カルロス・ゴーンが社長を務め、フランスと中国が蜜月な関係で有る事から、このような疑惑が囁かれているのだ。

この事態を重く見た、安倍総理の指示で、日産の三菱救済が決まったと見るのが妥当だ。

日産は政府からかなりの圧力を受けただろうと推測される。

政府からの日産への要求は三菱に出資して救済しろ、そして三菱を解体してバラ売りは禁止。
その見返りに

以下転載

日産は、新規発行される5億660万株の三菱自動車株を、1株当たり468円52銭で取得する予定。この価格は前日終値よりも5.3%低い水準となる。株式の取得は、16年末までに全ての手続きが完了する見込み。

転載、ここまで

という飴玉と、NMKVの不正燃費問題は三菱の責任で、日産の責任は不問。
三菱を潰して、バラ売りを画策した疑惑の隠蔽協力を政府から受けた。

と、ここまでが私の妄想ですw

しかし、日産もここまで汚い手を使うのか!と思われるほど、売国会社に成り下ったw
社長がフランス人だから悪いのか?

そもそも糞会社の日産と、超糞会社の三菱が提携して、何か生まれるのか?
とても疑問に感じますw

日産がNMKVを完全子会社化したのち、外国企業に三菱自動車を売り渡さないように、国民は監視する必要があります。

でもさ、第三者割り当ての株式価格の468円52銭って、価格を勝手に決めても問題ないの?
今後、問題化しそうな予感w


不動産投資 ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村
- - - - - - - - - -PR- - - - - - - - - - 
「すい臓」を大切にして進化する世界初の技術
(今すぐクリック)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -




カエルの楽園

こんばんは、日本海大家です

カエルの楽園

カエルの楽園
著者:百田尚樹
価格:1,404円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



この本が凄く売れているらしいです。

安住の地を求めて旅に出たアマガエルのソクラテスとロベルトは、平和で豊かな国「ナパージュ」にたどり着く。
そこでは心優しいツチガエルたちが、奇妙な戒律を守り穏やかに暮らしていた。ある事件が起こるまでは。
平和とは何か。
愚かなのは誰か。
大衆社会の本質を衝いた、寓話的「警世の書」。


アメリカでトランプさんが馬鹿勝ちしているのを見ると、資本主義の限界が見えてきます。
一部の資本家だけが儲かり、それ以外の全員が貧しい世界。
同じ国の中で、経済格差が大きくなると、社会主義的な発想が好まれるようになり、これは有る意味で甘美で、そして有る意味で危険な状態です。

アメリカは核兵器を保有する中国とは戦争をしたくなのが本音です。

膨張する中国の脅威から、韓国からの撤退や、日本からの撤退も十分にあります。

それでもアメリカ様は、これまで通り威張っていたいので、日本には再軍備させて、日本を中国からの盾に使うはずです。

この事は、チャンスでもあり、日本の危機でもあります。

基本的には、このチャンスを使ってけ憲法を改正して、アメリカに左右されない普通の国に成る一方で、国産の兵器を作り、弱小国に安価で提供して、直接的に戦争に参加しない工夫が必要です。

幸いにも中国の兵器は核兵器以外の性能はたいした事は有りません。

ついでにバブル崩壊で経済が崩壊しますので、助けずに放置すれば、勢いは無くなっていくでしょう。
最終的には清と同じように、アメリカとロシアの食い物にされて衰退するのではと思います。(そのように成るように、日本が積極的に裏工作する事が必要です。)

まずは半島の情勢をネタにアメリカとロシアを引き込む必要がありますね。

日本としては、アメリカとロシアの力を上手く使わないと生存の道が断たれる危険が有りますので、アジアの諸国を味方に付けて、情勢を安定させるしかありません。

日本の弱点は、国土が狭く、核兵器での攻撃を受けると一瞬で全滅する可能性が高い事です。
かなりヤバイですw

安全面を考えると、一極集中型の国づくりは、かなりのリスクを背負う事に成ります。

ロシアからパイプラインで結んで資源を運び、北海道で工場を稼動させ、生産拠点と人口を分散させるのも一つの方法だと思います。







今回のトランプショックで日本も目覚めないと、かなりヤバイかもw


不動産投資 ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村
- - - - - - - - - -PR- - - - - - - - - - 
「すい臓」を大切にして進化する世界初の技術
(今すぐクリック)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -




プロフィール

nihonkai2017

Author:nihonkai2017
メールを送る
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
リンク