太陽光パネルのナゾ! その2

こんばんは、日本海大家です


太陽光パネルのナゾ! その2です。

前回、中国の大手太陽光パネルメーカーについて解説しました。


・大手パネルメーカー
      ↓
・中堅パネルメーカー
      ↓
・弱小パネルメーカー

大手のパネルメーカーが大規模な受注をすると、まずは自社工場で生産します。
それでも、受注量が多い場合は、中堅メーカーにパネル生産を委託します。(OEM)
当然大手メーカーから、現場管理の人間が派遣されて、製造過程をチェックするようですが、購入する側からすると、何か騙されているような感じですよねw

大手メーカーからのOEMで生産余力が無くなった、中堅メーカーは自社の生産分を弱小メーカーに生産委託します。

当然に、大手が中堅工場に生産委託する工賃よりも、中堅工場が弱小工場に生産委託する工賃の方が安いです。

一番、お買得なパネルを購入するには、弱小メーカーで最新鋭の機械を使っている会社のパネルを買うことだと思います。

しかし、そんな理想の工場が何処に有るのかを探すのは結構困難です。

パネルに付いている、メーカー保証も受けられるかどうかも疑問です。
パネルの発電保証は25年も有るんです。(こんなに会社は存続するんかいw)

中国から、直接パネルを輸入した場合の、保証は初期不良で交換がして貰えるかどうか?
このレベルで考えるのが無難かと思います。


ここまでは、ごく普通の話なですが、大手メーカーのパネルを格安で買う方法が有るんです!

そもそも、大手パネルメーカーのパネル素材と、中堅パネルメーカーのパネル素材にはほんの少しの違いしか有りません。

また中堅メーカーにパネル素材に指示して、大手メーカーと同じ素材を指定する事も可能です。

中堅メーカーを使って、大手メーカーと同じ品質のパネルを作る方法です。

でも、これだと中堅メーカーブランドの誰も知らないパネルに成りますよね。
なんかつまらんです。

ここからが、衝撃の裏技です。

中堅パネルメーカーから、大手ブランドパネルを買う事で、中堅メーカーがOEM生産したブランドパネルを買う事が出来るのです。

通常の提示価格は、大手ブランドの販売価格よりも少し安い程度の提示が多いですが、交渉を重ねると、中堅パネルメーカーのブランドと同程度の価格まで、価格を下げる事が出来るのです。

しかしながら、パネルの保証をするのは中堅メーカーに成ります。
大手に比べれば潰れる確率も高いと思います、何となく中国で横行する偽物のような感じも漂います。

この大手パネルブランドを選択するメリットは

・日本のJET認証を受けたパネル扱いになるので、10Kw以下の家庭用余剰売電でも使える。

・JPAC登録など、日本の設備認定を受ける条件がクリアされている。

・中堅メーカーの独自ブランドの素材よりも、高価な素材を使っている場合が多い。

・大手ブランドのOEM生産をしている中堅メーカーは複数有るので、パネルの調達先が複数確保可能で、価格交渉がやりやすい。

・転売する時に売りやすいw

私の調査した感じでは、パネルの使用素材と製造マシーンが最新ならば、パネルの品質変らないような気がしています。

でも、相手は中国人なので、何とも言えない不安感がありますw


不動産投資 ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村





中国大家さんからの返答

こんばんは、日本海大家です

わらじ屋さんに、中国大家さんに、昨日の話はどうだったか聞いて貰いました。

すると、恐るべき返答がw

太陽光発電投資は怖いので難しいという回答です。

この回答から推測すると、わらじ屋さんの中国大家さんへの話し方が「太陽光発電の話はどうでしたか?」と聞いたに違いないw

「太陽光発電には興味が持てましたか?」と聞けば、こんな返事にはならんと思うんだよねw

同じ内容の話をしても、断られやすい話し方と、断られない話し方がある。

わらじ屋さんは営業職でないので、この辺の事に配慮がないのだろう。

これは単純に私のミスだw


楽をしようと考えた、私に対しての神様からの回答だろうと思うことにするw


続きまして
「Jリーグ 降格争い」その2

13 ジュビロ磐田 勝点33 得失点差-14
14 ヴァンフォーレ甲府 勝点31 得失点差-25
15 アルビレックス新潟 勝点30 得失点差-15
16 名古屋グランパス 勝点30 得失点差-18
17 湘南ベルマーレ 勝点24 得失点差-28
18 アビスパ福岡 勝点19 得失点差-36

残り1試合で13位のジュビロ磐田まで、降格の可能性のある、大混戦が続いている。

新潟は予定通りの2連敗を喫して、通常なら降格が決定していてもおかしくない状況のばずなのに、他のチームも負けが続いている為、次の試合に勝つ事が出来れば、自力残留も可能な状況です。

今回の状況を生んだ要因としては、名古屋が神戸に3対0で負け。
甲府が降格が決まっている湘南に負けという奇跡が起きた為なのだ。
甲府に買った湘南などは、ここ13試合で勝ち星無しという絶不調の状態から、奇跡的な14試合振りの大金星なのだ。

一方、新潟は主力の外国人は2人とも、次の試合で出場停止という悲劇的な状態で、次の対戦相手の広島に勝つ事は、ほぼ不可能な状況です。

戦力的に劣るなら、出来る事は一つだけ、守って守ってカウンター攻撃しかないわけで、引き分けでも良いという試合をする事が現実的な状況なのです。

次節の対戦カードをtoto的にマークするなら

仙台  対 磐田 仙台勝
甲府  対 鳥栖 鳥栖勝
新潟  対 広島 広島勝
名古屋 対 湘南 名古屋勝

このようになり、新潟降格が決定する事になる。

がしかし、totoの予想が理論で当たるなら、私はとっくに億万長者なわけで、どこかが狂うはずなのだ。

新潟の残留パターン
その1 甲府が鳥栖に負けて、新潟は引き分け。
その2 名古屋が17位の湘南に負ける。

全体の流れをみると、新潟残留の奇跡が見える、楽観主義者の日本海大家でしたw

理由は簡単で、強い相手に負けた新潟と、弱い相手に負けた甲府と名古屋の弱い運気の違いです。
名古屋や甲府も次節はガチガチに固まって試合をするはずです。
それに引き換え、新潟は外人抜きで勝ち目はないわけで、全力で守備だけしていればいいのです。
やることが単純化出来れば結果はでやすいでしょう。

麻雀理論で言うところの、「自分よりもツキがない奴がいれば、自分は負けることが無い」というやつですw

11月3日は新潟スタジアムに全員集合!



不動産投資 ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村





中国大家さんを直撃!

こんばんは、日本海大家です

土曜日の午後2時から、喫茶店で密談をしてきた私達。

周りから見ると、怪しげにみえた事でしょうw

今回の密談の相手は中国大家さん。(中国人だけど新潟で大家業をしながらプラプラと暮らす凄腕の大家さんです)

我々が企む、「中国大陸横断・太陽光パネル工場突撃ツアー」には、どうしても超えられない壁が有りました。

それは、言葉の壁。

それを乗り越えるべく、中国語が話せて金持ちで、そしてお金儲けに敏感な人はいないかと、探していたところ、車屋のわらじやさんのお客さんで中国人で日本語と英語がペラペラな中国大家さんがいる事に、わらじやさんが気が付きました。

私も、以前わらじやさんのお店でグダグダしていた所に中国大家さんが現れて、ちょっとだけ雑談をした事のある、いわゆるあまりしらない異邦人的存在の方でした。

今回のミッションには欠かせない人材という事で、わらじやさんに「儲け話有るんだけどw」という怪しいお誘いをして貰ったところ、そこはお金儲けに敏感な大家さんの共通点なのか、それともわらじやさんの人望なのかは分かりませんが、とりあえず会える事に成りました。

今回の中国大家さん、新潟の西区で死のゾーンと言われて恐れられている五十嵐2の町(新潟大学付近の外れ)にアパートを何軒も保有されていて、何と満室を維持しているという切れ者です。

ここは何とか、一味に引き入れるべく、太陽光発電がいかに儲かるのかを力説してみました。

2時からお茶会を始めて、終わったのは薄暗くなった5時頃で約3時間軟禁した事に成ります。

となりに座っていたわらじ屋さんが、心なしか疲れていたような気もしましたが、そこはドンマイ!ですw

無事に中国に同行してくれるかは未知数ですが、とりあえずコーヒー代を皆の分を奢りますと言ってくれたので、感触は悪く無いのかもしれません。

中国大家さんがお金大好きである事を願うばかりです。

我々の「中国大陸横断・太陽光パネル工場突撃ツアー」は12月に開催予定です。

現地集合・現地解散でOKです。(中途参加や中途離脱もOK)

期間は7~10日程度を予定しています。

LCCで上海空港まで飛んで、そこからは高速鉄道や国内線の飛行機を使う事に成りそうです。

飛行機代は茨城空港や中部国際空港、また羽田からのピーチを使えば、上海との往復で2万円以下で行けます。(キャンペーン価格だと1万円くらいかも!)

中国での宿泊代など考えても、たいした金額は掛からないのではと思います。

大家業で儲かっているそこの貴方は暇なはずですw

どうせ会社の経費で落せるのだから、気軽な気持ちで中国に行きませんか?



不動産投資 ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村





太陽光パネルのナゾ!

こんにちは、日本海大家です

2015年のセル生産量の表を見つけたのです、貼っておきます。

セル生産量

トリナさんが2年連続1位を獲得しています。

トリナさんのHPでは2015年度出荷量5.74GWと書かれています。

しかしながら、こんなに大量のパネルを生産する為の工場を自前で建設する事は出来ないですし、したとすれば自殺行為です。

しかし、この「2015年度出荷量5.74GW」の表示に噓はないでしょう。

解決する方法はOEMです。

トリナの監督の元で、他のメーカーの工場を使って、トリナ製品を生産する事で、自社の工場での生産量超えるトリナパネルは生産されているのです。

この現象は、他のブランドパネルでも普通に行なわれています。

つまり、中国にはブランドパネルと同じ品質のパネルを生産可能な工場が死ぬ程あるという事ですw

ブランドパネルは高価ですが、無名のメーカーのパネルは安いです。

性能がブランドパネルと同じなのに、価格だけ安い製品。
これって、普通で考えればお買得です。

次回は、更に深い部分を書いて行きます。


不動産投資 ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村





中国は広い!

こんばんは、日本海大家です

太陽光パネルを中国から直輸入して、コストカットをしてぼろ儲けを狙っていますが、価格の話だけしていてもしかたがないので、中国に行って、工場を見学して、生産設備の確認をしようかと思っています。

中国旅行をしてみたい暇人の方は是非ご連絡下さい。

11月か12月の訪中を予定しています。

まあ、実際問題として、工場を見学したとしても、購入した製品が、その工場で作られるという保証は有りません。

価格交渉がキツイので、他の小さい工場に丸投げして、粗悪品のパネルを送って来ないとも限りませんしw

それでも、発注する前には、担当者の中国の方とお会いして人間性を確かめてみたい所です。

しかし、中国語も英語も話せない私としては

第一関門 工場まで辿りつけるのか!

第二関門 工場の見学しながら、言葉が分からない中、どの程度の理解が出来るのか?(日本語が出来る社員のいる会社がイイですよねw)

第三関門 見学したい工場の位置が、非常に離れて点在しているw

という問題を抱え、ちょっとヤバイ感じでございます。

中国語の出来る、暇人の大家さんはどこかにいませんか?

マジで一緒に中国に遊びに行きましょうw

輸送コストを考えると、上海や青島付近の工場から購入するのが得策です。

関東方面の東京港や横浜港に陸揚げするなら深センでも良いかもしれません。(深セン・新潟港の貨物船が無い為、韓国で積み替えに成ります、田舎の港って不便です。)

まあ、どちらにしても、分からん事だらけで面白いですw
でも、スキル不足が半端ないです。
爆死しないように気をつけよ!



不動産投資 ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村









プロフィール

nihonkai2017

Author:nihonkai2017
メールを送る
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
リンク