家庭用と産業用








こんにちは、日本海大家

2017年度(平成29年度)の買取価格と売電期間

10kW未満の売電単価と期間 (主に住宅・家庭用)
28円/kWh(出力抑制なし)
30円/kWh(出力抑制あり)
10年間

10kW以上の売電単価と期間 (主に産業・事業用)
21円+税/kWh
20年間

http://standard-project.net/solar/baiden/

一般的には産業用で10Kw以上・21円.・20年間固定売電を選択すると思いますが、ちと売電価格が低すぎませんか?

そもそも20年間もシステムあ無事稼動するかもわかりません。

なので、私は家庭用売電10KW以下・30円・10年固定買取を選択します。

売電単価が高いので、同じ10年間で産業用21円売電総額の1.4~1.5倍くらい稼げます。

10年経過したら、パワコンを増やして、そこから20年売電しても良いかもしれません。

どちらにしても、素早く投資資金を回収して、儲けを出す事を考えれば、家庭用余剰売電に成ります。

そもそも、自力で太陽光発電所を作る場合に、産業用発電所80Kwのもの作ろうとすると膨大な時間とお金が掛かります。

完成して連携を完了するまで、1円も収入が無く、持ち出しが続くのです。

それに対して、家庭用16Kw余剰売電なら、産業用の5分の1の規模なので、投下資金も5分の1以下に抑える事も出来ますし、架台などの作成作業も5分の1で済みます。

産業用発電所のリスクを5分の1に分散出来るので、リスクコントロールの上でも好ましいです。

しかしながら、手間が5倍に増えますので、暇人向けの投資に成ります。


手作りで太陽光発電所を作るにはどうしたら良いか?
については
「ぐーたらG」さんのブログがとても参考に成ります。

ある意味逆に、「ぐーたらG」さんのブログを読んで、俺には産業用80Kwの発電所の手作りは無理であると悟りましたw

ボロ戸建てをDIYで直すのも大変な忍耐を必要としますが、太陽光発電所の架台作りもそれに通じるものを感じます。

世界一ナマケモノを自称する私には、生まれ変わっても無理でございます。

しかしながら、多くの先駆者様が切り開いた、ノウハウが現在は存在していて、手作り太陽光発電所のハードルは下がっています。

「ぐーたらG」さまのような、正攻法の架台作成方法もあれば、縁石ブロックに単管を固定して、仰角0度架台を採用すれば、初期投入の労力は大幅に緩和されます。

いま私が考えているのは

1.材料費が安い
2.作るのが簡単
3.雑草が生えない
4.構造的に丈夫
5.適切な仰角を確保して発電量がMAXに出来る

このような架台の作成方法です。

俗にいう、「楽して儲けたい」のでありますw

楽して儲けるには、考えないといけないので、ぜんぜん楽では有りませんが、根性無しの私には考える事しか出来ませんので、出来る事をするだけです。

手作り太陽光発電所に興味がある人は「ぐーたらG」様のブログをお読み下さい。
はっきりいって凄いです。
http://ameblo.jp/gu-tara-55/entry-11918394107.html


不動産ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村














プロフィール

日本海大家

Author:日本海大家
メールを送る
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
リンク