転売魂!

こんばんは、日本海大家です

本日、珍しく鉄骨4階建てのマンション(築古アパート)を内覧して来ました。
築37年なので当然のようにアスベスト物件ですw

土地も狭いので、解体して利益まで考えると、タダで貰うしか無いような物件です。

2月に聞いた時には7割空室だったのに、3月を超えたら5割の空室率に改善していました。

買う側からしたら、空室だらけの方が都合が良かったのにと思いながら、内覧を続けると、浴槽とバランス釜が無い部屋や、バランス釜だけ無い部屋が有ったりと、とりあえず空いてる部屋の設備を外して、最低限住める状態にしている気配がプンプンしていますw

一人で見に行くのも何なので、転売のスペシャリストに同行して貰いました。
たまたま服装がスーツだったので、まるで不動産屋の営業のような感じの、玄人っぽさ全開でちょっと笑ってしまいました。

転売のスペシャリストの彼、頭の中には、いくらで転売出来るかしかないようで、物件の程度よりか、何とか入居者を詰め込んで素人さんに売り付けられるかこの1点が判断材料のようです。

今の時期、じっくり物件を保有して儲けるより、馬鹿なカモを見つけて売り抜ける方が、手っ取り早く儲かるという思考も理解出来なくもないですが、クズ物件を買わされた素人さんのその後の人生を考えると、ちょっと微妙な気分になります。

転売で爆益が出るならまだしも、ちょっとした利益の為に人を嵌めこむっていうのも、死んだ後の輪廻転生に影響が出そうで怖いですw

長期保有の観点でみると、タダで貰うか、200万円程度の査定の物件でも、薄利転売で行けると踏めば1000万円程度まで、値段が付いてしまう可能性もあります。

売主様も、騙してでも高く売りたい感がヒシヒシと感じられるので、売れなければ良いのにと心の中では思ってしまいますw

2~3ヶ月経って売れなければ、また電話頂戴と言って分かれたので、縁があればうちの転売スペシャリストが買うのではないかと思いますw

個人的にはじっくりと物件を保有して、搾り取るのが税金対策の面でもお得な気もしますけど、実際はどんなもんなのでしょうか?

不動産投資の世界は非常に奥が深いと思いますw


不動産投資 ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

プロフィール

日本海大家

Author:日本海大家
メールを送る
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
リンク