タネ銭の作り方

こんばんは、日本海大家です

「ボロ戸建現金買投資法」について書いてみたいと思います。

まず最初に必要な事は、物件を買う事です。
物件を買わない事には、何も始まりません。

まずは、安い物件でも良いので、何とか買わないとダメです。

最初の1戸目を買う、タネ銭の作り方は色々とあると思いますので、そちらは自分で探して貰うとして、購入した物件を使って、2戸目以降のタネ銭を増やし、加速して行く方法を書いていきます。

1.物件を買って、最低限直して賃貸して家賃を稼ぐ(まあ、定番のやりかたですが時間が掛かります)

2.物件を買ったら、住民票を移動して住んでしまいましょう。
これで、いまアパート暮らしなら、家賃が浮くので、貯金出来る額が増えると思います。
ボロ戸建てに住みながら、物件を少しずつ直していきましょう!
安いボロ物件は通常荷物が満載で、内覧してくれるお客さまの気持ちを萎えさせています。
ゴミや荷物を捨てて、すっきりとしただけで、印象が変って、高く売れたりします。
また、一般人は、物件に不具合があると、凄く安く直る故障でも、怖がって買いません、故障している箇所は直して売りましょう。
次に日曜大工程度で直せる部分も、出来るだけお金を掛けないで、見栄えを良く改造しましょう。
床にクッションフロアーを貼っただけでも、素人さんの目には、新品同様に見えるらしいですw

こんな感じでお化粧が完了したら、物件を売りに出しましょう!
今回売る物件は、貴方が居住用に使用していた物件なので、3000万円までの売却利益は免除されます。
税金を取られないと、お金が残りますので、それでまた物件を買いましょう。

通常、この手法はヤドカリ手法と呼ばれているようです。

20代など、家族が(奥さんや子供がいない人には)いない人に適しています。

別にお金など無くても、時間と根性と無駄使いをしない強い心があれば、少しずつ資産は増えていきます。
どんなに収入が高くても、無駄使いが多い人は金持ちに成れません。

ボロ戸建投資に関して言えば、200万円の物件も5万円の物件も修理費用は似たような金額が掛かります。
直して売れる&貸せる物件であれば、最低限の基準はクリアしています。
物件解体した時に、土地売却価格-解体費でお金が残るのが理想です。
解体しても売れない土地だと、解体費が持ち出しになり、土地の固定資産税でキャッシュアウトしていきます。
こうなったら、負債を抱える事になるので注意が必要です。

大切なのは、物件の将来を見極める力と、リフォーム代を削減する能力だと思います。

「ボロ戸建現金買研究会」に参加すると、奴隷労働を通じて、色々な事が学べると思いますので、是非参加を検討してみて下さい。

参加希望者はコメント欄に、色々と思った事を書き込んで下さい。

オレは奴隷には成らないぜ!というプライドの高い人には、お客様待遇のコンサルコースもあります。
ボロ戸建て一戸買って運営出来るまでのサポートで30万円です。
こちらは1戸毎の契約ですので、1物件終わればさよならです。

どちらでも、お好きな方法で、ボロ戸建の購入・運営のスキルを奪い取って下さいw

それでは、コメントをお願い致します。


不動産投資 ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

こんばんは。
参加表明ありがとうございますw

> ボロ戸建現金買研究会に参加したいです。
プロフィール

日本海大家

Author:日本海大家
メールを送る
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
リンク