追加情報!

おはようございます、日本海大家です

真田さんからのご指摘で、少数私募債の利息の取り扱いが変っている事が判明しました。

少数私募債の利息、今年度分は申告分離課税、来年度分からは雑所得の総合課税に、前倒しで改悪されたそうですw

以下、転載

・少人数私募債の節税効果

通常の金銭貸付の場合、受け取った利息は所得税法上雑所得に分類され、他の所得と合算された上で所得税が課税される「総合課税」として取り扱われます。
一方、少人数私募債の場合には、発行法人が利息を支払う際に20.315%(所得税15%、復興特別所得税0.315%、住民税5%)が源泉徴収されますが、発行会社が源泉徴収をするだけで課税関係が終了する「源泉分離課税」となっています。
平成26年時点の所得税率は1,800万円超の部分については40%の税率(平成27年分以降は4,000万円超の部分について45%)が課されることになっていますので、利息以外に所得が相当額ある場合には金銭消費貸借によらず少人数私募債を通じて貸付を行うことにより、税率を低く抑えることが可能となります。
以上のことから、少人数私募債は通常の金銭消費貸借に比べ所得税法上有利な扱いを受けることが可能となるため、節税方法として利用されてきました。
しかしながら、ご質問にありますように平成25年度の税制改正によって、平成28年1月1日以降に同族会社によって発行された少人数私募債の利子で、その株主等が受け取る利子については総合課税の対象となりました。
平成25年度の改正では平成27年12月31日までに発行された少人数私募債については、それ以降の利子についても源泉分離課税が適用されることとされていましたので、駆け込みで発行されることが予想されました。
そこで、平成26年度の税制改正によって、平成27年12月31日以前に同族会社が発行している少人数私募債についても、申告分離課税となる特定公社債の範囲から除外され、平成28年1月1日以降はその利子について総合課税が適用されることとなりました。

・少人数私募債の今後の注意点

平成26年度の税制改正の結果、少人数私募債による税務上のメリットを受けることができるのは今年中(平成27年中)に受け取る利子のみとなります。
ご質問にありますように、仮に平成27年に少人数私募債を発行された場合には、同年中に支払いを受けた利子については源泉分離課税となり、税率を低く抑えることが可能となりますが、翌年以降の利子については、通常の貸付と同様に総合課税が適用されることとなります。
今後少人数私募債を発行される場合には、その節税効果はごく短期間に限られますので、ご注意頂く必要があります。

http://koyano-vp.com/blog150416133156.html

転載ここまで

ブログの書くと、情報が集まってくるじゃんw
恥をかいたけど、結果的にはオレさま大勝利?


不動産投資 ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

年収5000万以下なら何もしないのが一番いいかと思います。めんどくさい思いをしてせいぜい3~5%違うだけです。
それを超えると多少節税効果ある場合もあります。
プロフィール

日本海大家

Author:日本海大家
メールを送る
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
リンク