米シェール淘汰の波、破綻60社・負債2兆円 15年以降 原油安で行き詰まる

こんばんは、日本海大家です

日本経済新聞 電子版 2016/4/25 12:30
米シェール淘汰の波、破綻60社・負債2兆円 15年以降原油安で行き詰まる

【ニューヨーク=稲井創一】米シェール企業の破綻が相次いでいる。原油安が定着した2015年からの倒産件数は60社を超え、負債総額は約200億ドル(2兆円超)に上った。原油安で経営に行き詰まった。一時乱立したシェールの破綻などで米原油生産は14年10月以来の低水準に減り、原油市況の改善につながっている。

米弁護士事務所ヘインズ・アンド・ブーンの調査(4月3日時点)によると、15年1月から破綻したエネルギー企業は59件に上った。大半がシェール企業だ。1~3月の倒産数は17社と前年同期の6社から大幅に増えた。グッドリッチやエナジーXX1を加えると破綻企業は60社を超える。

米エネルギー業界では、シェール大手で米天然ガス2位のチェサピーク・エナジーの行方が注視される。15年12月期は146億ドルの最終赤字。昨年末時点で約100億ドルの長期負債を抱える。

 米金融オッペンハイマーのフェデル・ゲイト氏は「原油価格が1バレル50~60ドルに戻ったとしても、シェール企業の半数は事業を継続できる状況にない」と分析している。

一部転載、ここまで(上記のリンクから、無料会員登録をして全文をお読み下さい)

結構、たくさんのシェール系の会社が潰れてますね。
オールドメジャーの思惑通りじゃないですか。

強大利権の争いなので、完全に潰すまでやるんでしょうね。
怖いですw

pinponpanさんからのシークレットコメントの続報です!

ご返事ありがとうございます。
早速ですが、現地語を話せない日本の零細投資家が東南アジアで利益を出すのは、後発組ではほぼ不可能だろうと思います。
そこで、後発組でも利益を望める方法を考えてみると、現地密着型か、隙間投資が無難かつ有望に思えます。
つまり物件の情報網を確立するか、対象を絞り投資対象に付加価値をつける、ということだろうと思います。
どちらも後発組でも零細投資家でも十分可能性があると思います。

転載ここまで

pinponpanさんはカンボジアに行って、現地に住んで投資出来るるんですか?

私の場合は1年で60日位の渡航が限界ですw

それなので、ますは一番簡単な、高金利の預金を検討しています。

カンボジアリエルの3年もの定期預金だと、何と12%の利息が貰えます。
潰れない銀行を探す事が出来たら、これが一番簡単ですw

クメール語が話せなくても、現地密着が出来なくても、隙間投資じゃなくても、結構なリターンが得られます。

1.海外投資で大切な事は、最初は出来るだけ簡単な案件から取組み、失敗しない事。

2.大金を、十分な投資の足場がない時に投下しない事。

この辺が、一番大切かと、現状では思っています、また学習が進むと、違う事を言うかもしれませんが、現状での見解をこんな感じです。

あと、現地語が出来ないと、海外投資で成功出来ない説については、私は絶対条件ではないと思っています。
現地で活動して、現地に溶け込む努力をしていく中で、自然に言葉は話せるのではないか?と思っているからですw
例えば、現地の女性に恋をしたら、思いを伝える為に、必至で会話を覚えると思うんですよね。

仮の話ですが、pinponpanさんの家の隣に、日本語がペラペラのカンボジア人が引っ越して来たとします。
日本語で会話は出来るわけですが、隣の外国人とpinponpanさんは簡単に友人に成りますか?

信頼関係を構築出来なければ、言葉はあまり意味がないのです。
大切ななのは、コミュニケーション能力や人間味(愛嬌)だと思います。

多くの人が、お金が無いから、自分は成功出来ないと考えていますが、実際にこのように考える人が成功する事は、殆ど有りません。

そもそも能力が高ければ、お金は少しづつでも確実に増えていきますし、明らかに才能がある事が見て取れれば、周りのお金持ちが投資してくれるでしょう。

そもそも能力が高いという事は、資金の調達方法についても、上手いはずですよね?

なので零細投資家では成功は難しいという事もないと思います。

キーワードは「人間力を高める!」これに尽きるのではないでしょうか?


人はなぜ、宗教にハマるのか?

人はなぜ、宗教にハマるのか?
著者:苫米地英人
価格:1,728円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



この本を読みました。
結構興味深い内容なので、暇があれば読んだら良いでしょう。

この本の中で、私が一番興味深いと感じた一文を紹介します。

P169にある文章で、
苫米地氏が、麻原彰晃のオウム信者に対しての洗脳を解く為に言った言葉の「なぜ、あなたは麻原彰晃が最終解脱者だとわかるのですか?」という一文がとても気に入りました。

麻原彰晃は自分が最終解脱者だと、信者に信じこませてコントロールしましたが、苫米地氏は信者に、どうして麻原彰晃が最終解脱者なのか説明しろと要求しているのです。

理屈は簡単です、最終解脱者は最終解脱がどのような状態なのかを知っているので、相手が最終解脱しているかどうかを見極める事が出来ます。

しかしながら、最終解脱していない信者は、最終解脱していないので、最終解脱がどんな状態かを知りません、なので麻原彰晃が最終解脱者かどうかを判断出来ないはずであると、言っているのです。

実に深い話では無いですかw

これと同じように、自分と同じか、自分より能力が下の人の思考は理解出来るものの、自分よりも頭の良い人の事は理解出来ないw
この事と似ています。

天才は、他の人が考える事を理解出来ますが、
凡人は天才の考える事が理解出来ないのです。

私は、この文章を読んで、悩みがひとつ減りましたw


不動産投資 ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村
- - - - - - - - - -PR- - - - - - - - - - 
「すい臓」を大切にして進化する世界初の技術
(今すぐクリック)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -




コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

日本海大家

Author:日本海大家
メールを送る
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
リンク