中国大家さんからの返答

こんばんは、日本海大家です

わらじ屋さんに、中国大家さんに、昨日の話はどうだったか聞いて貰いました。

すると、恐るべき返答がw

太陽光発電投資は怖いので難しいという回答です。

この回答から推測すると、わらじ屋さんの中国大家さんへの話し方が「太陽光発電の話はどうでしたか?」と聞いたに違いないw

「太陽光発電には興味が持てましたか?」と聞けば、こんな返事にはならんと思うんだよねw

同じ内容の話をしても、断られやすい話し方と、断られない話し方がある。

わらじ屋さんは営業職でないので、この辺の事に配慮がないのだろう。

これは単純に私のミスだw


楽をしようと考えた、私に対しての神様からの回答だろうと思うことにするw


続きまして
「Jリーグ 降格争い」その2

13 ジュビロ磐田 勝点33 得失点差-14
14 ヴァンフォーレ甲府 勝点31 得失点差-25
15 アルビレックス新潟 勝点30 得失点差-15
16 名古屋グランパス 勝点30 得失点差-18
17 湘南ベルマーレ 勝点24 得失点差-28
18 アビスパ福岡 勝点19 得失点差-36

残り1試合で13位のジュビロ磐田まで、降格の可能性のある、大混戦が続いている。

新潟は予定通りの2連敗を喫して、通常なら降格が決定していてもおかしくない状況のばずなのに、他のチームも負けが続いている為、次の試合に勝つ事が出来れば、自力残留も可能な状況です。

今回の状況を生んだ要因としては、名古屋が神戸に3対0で負け。
甲府が降格が決まっている湘南に負けという奇跡が起きた為なのだ。
甲府に買った湘南などは、ここ13試合で勝ち星無しという絶不調の状態から、奇跡的な14試合振りの大金星なのだ。

一方、新潟は主力の外国人は2人とも、次の試合で出場停止という悲劇的な状態で、次の対戦相手の広島に勝つ事は、ほぼ不可能な状況です。

戦力的に劣るなら、出来る事は一つだけ、守って守ってカウンター攻撃しかないわけで、引き分けでも良いという試合をする事が現実的な状況なのです。

次節の対戦カードをtoto的にマークするなら

仙台  対 磐田 仙台勝
甲府  対 鳥栖 鳥栖勝
新潟  対 広島 広島勝
名古屋 対 湘南 名古屋勝

このようになり、新潟降格が決定する事になる。

がしかし、totoの予想が理論で当たるなら、私はとっくに億万長者なわけで、どこかが狂うはずなのだ。

新潟の残留パターン
その1 甲府が鳥栖に負けて、新潟は引き分け。
その2 名古屋が17位の湘南に負ける。

全体の流れをみると、新潟残留の奇跡が見える、楽観主義者の日本海大家でしたw

理由は簡単で、強い相手に負けた新潟と、弱い相手に負けた甲府と名古屋の弱い運気の違いです。
名古屋や甲府も次節はガチガチに固まって試合をするはずです。
それに引き換え、新潟は外人抜きで勝ち目はないわけで、全力で守備だけしていればいいのです。
やることが単純化出来れば結果はでやすいでしょう。

麻雀理論で言うところの、「自分よりもツキがない奴がいれば、自分は負けることが無い」というやつですw

11月3日は新潟スタジアムに全員集合!



不動産投資 ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村





コメント

非公開コメント

プロフィール

日本海大家

Author:日本海大家
メールを送る
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
リンク