揺れる朝鮮半島



こんばんは、日本海大家です

1月に入り、やっぱり雪が降ってきて、新潟は雪国だった事を再認識しましたw

やっぱりスタッドレスタイヤに交換しないとダメみたいです。

雪が積もると、ますますやる気がなくなります。

こんな時は、ぼんやりと色々と考えるのが良いと思います。

本日のテーマ「揺れる朝鮮半島」について、これからどうなって行くのかを大胆予測してみたいと思います。

釜山に偽の少女像を建てて、日韓合意違反だと日本に怒られている韓国。

この国の反日は止める事は出来ません、つまり日本との通貨スワップは出来ません、とても残念ですw

米国に迫られている、北朝鮮の核ミサイルに対抗するサードミサイルは、中国からの強い反発により配備は撤回されそうです。
何故中国が文句を言うのかというと、ミサイルの付属品のレーダーが高性能な為、中国国内の動きも米国に筒抜けに成るからです。
韓国に対して中国は強烈にプレッシャーをかけています。
配備を撤回しないと中国も韓国との通貨スワップも延長には応じないと思いますし、中国貿易に大きく依存してる韓国は窮地に追い込まれていきます。

つまり
日本→偽少女像の撤去は無理
米国→サードミサイル配備撤回→米軍の韓国撤退
中国→韓国は中国に忠誠を尽くしますw

韓国の次の大統領は親北朝鮮派になると思われますので、ここで緩やかな朝鮮半島の統一は実現しそうです。
北朝鮮の地下資源と安い労働力、韓国の生産技術が組み合わさり、人口の規模も8000万人程度に増える事から、朝鮮の復活という最後の望みに現実逃避するのではと思います。

これで韓国は核保有国として日本を見下すことが出来るのです。

このようなケースに成ると、米軍はグアムまで撤退して、日本も憲法を改正して、軍隊を持つ普通の国に成らざるおえません。

トランプちゃんからすると、日本に武器がたくさん売れてウハウハですw

朝鮮半島は中国の属国として生きて行くのが、現実的ではないかと思います。

ジムロジャース曰く、北朝鮮が一番投資したい国!との話も有りますので、私達が投資可能な韓国に投資チャンスが無いかを考える必要があるかもしれません。

韓国に関わる国は衰退するの法則からすると、中国の凋落が予想されるところで、日本のバブル崩壊後に流行した米国の「ハゲタカ」さんが、中国を美味しく頂こうとスタンバイ中です。

中国さんも米ドル建ての借金がたくさんあるので、中国通貨の元が安く成ると返済が厳しく成ります。

2017年は結構激動な年に成りそうです。

のんきにカジノ遊びも出来ないかもねw



不動産投資 ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村














コメント

非公開コメント

プロフィール

日本海大家

Author:日本海大家
メールを送る
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
リンク