1年満期の太陽光発電ファンド







こんにちは、日本海大家です

エコスタイルさんから
「1年満期の太陽光発電ファンド」が発売されています。

目標利回り5%との事です。

これをみると、未着工系の分譲の価格は下がる(利回りは上昇)するのが読み取れます。

資金を調達出来なくて、手間とコストを掛けて民間がからお金を集めてブリッジして発電所を建設して、通常利回りで売却するつもりなのでしょう。

施工費や材料費が言い値で設定出来るので美味しいスキームですねw


施工業者さんは、発電所を建設して儲けを出しているので、売電価格が下がろうとも、発電所建設を止めるわけにはいきません。

アパート建築業者が、サブリースを用意して、無理やり建設を強行しているのと同じ感じがします。

分譲型の太陽光発電所でも想定利回り13%超えの物件が増えてくると思います。

売電価格が下がっても、発電所の購入総額が同じように下がれば、同じような利回りを確保する事は可能です。

むしろ、1ヶ所あたりの発電所への投資額が減るので、その意味においてはリスクが下がります。

過去に1基あたり2000万円だった発電所が1500万円になり1000万円下がり、500万円と下がって行くはずです。

現在でも低圧過積載80Kwの材料原価は500~600万円程度でこの他に工事費と連携費用、土地取得代金が掛かります。

自分で発電所を建設出来れば、700~800万円で1基作る事も理論上は可能です。

年間の固めの売電で年間180万円との事なので25%程度が現実的な利回りです。

分譲価格1500万円との差額が業者さんの利益です。

競争が激化すれば、荒利率は下がっていきます。

アパート建設の粗利率が10~15%(地方都市で末端施工業者ベース)なことを考えれば、まだまだ太陽光発電所の価格は下がる余地が有ります。

太陽光発電がもう終わったと言うのは正しいと思いますが、実はこれからも美味しい可能性も十分にあります。

中国のパネルメーカーの過当競争は去年よりも激化していますし、ZTEのような中国系パワコンメーカーもJET認証を取得して、低価格競争を仕掛けてきます。
http://ztequantum.co.jp/sf5500l-j/

同じ型番のパワコンを中国から直輸入出来れば、パワコンも日本製の半額になるのも不可能ではありません。

施工業者さんも、社員に給料を払わなくてはダメなので、表面的には施工価格は維持しても、暇な時期なら特別な価格でも引き受けてくれるはずです。

何でも定価で買う必要はないので、知恵を絞ってローコストを目指すべきです。

その為には広く、業者とお知り合いになり、業界の現状に精通する必要があります。

対応が面倒だと思わずに、見積もり一括サイトを活用して、1つでも多くの業者と知り合いになる事をお勧めします。

数を当れば、掘り出し物にも当る確率が高く成ります。

発注するまではリスクはゼロ!ですからガンガンに行くべきです。


会員募集のお知らせ

私の作りたい15~20Kwで100~120万円のローコスト太陽光発電所建設に協力してくれる方

会員特典
・参加費完全無料
・中国から直輸入する格安パネル(40円W以下)の共同購入参加権
・スーパーローコスト発電所建設ノウハウの共有
・不動産情報・購入スキルの共有
・不動産投資に関する無料コンサル
など

これから不動産投資や太陽光発電に参入したい方も参加OKです。


ローコスト研究会入会フォーム
    ↑
お気軽にどうぞ!

色々な分野の方の知恵を結集して、無謀とも思える高利回り投資を実現する会です。
それぞれが先生であり、みんなが生徒です。
お気軽にどうぞ!


さらに、太陽光発電がどんなものなのか?
また、費用はどの位掛かるのか?
一般的な相場を知りたい!

という人は、下のバナーをクリックして、一括見積もりを利用してみて下さい。
感覚的には半額程度に成るのでは?
と思っていますw


太陽光発電ランキング
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村














コメント

非公開コメント

プロフィール

日本海大家

Author:日本海大家
メールを送る
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
リンク