コインチェックに立ち入り検査へ 金融庁 財務内容を調査 2月2日 1時46分


コインチェックに立ち入り検査へ 金融庁 財務内容を調査 2月2日 1時46分

仮想通貨の大手取引所、コインチェックから580億円相当の仮想通貨が流出した問題で、金融庁は、顧客の補償に充てる資金が十分にあるのかなど会社の財務内容を早急に調べる必要があるとして、コインチェックに対し2日にも立ち入り検査を行う方針を固めました。

この問題で金融庁は、外部からの不正なアクセスで580億円相当の「NEM」と呼ばれる仮想通貨が流出した大手取引所、コインチェックに対し先月29日、原因の究明や顧客への速やかな返金、再発防止策の徹底などを求める業務改善命令を出しました。

関係者によりますと、金融庁は、コインチェックが460億円にも上るとされる顧客への補償を自己資金で賄うとしていることについて、その根拠を早急に確認したいとしています。
このため金融庁は、補償に充てる資金が十分にあるのかを把握するため、コインチェックに対し2日にも立ち入り検査を行う方針を固めました。
この中では、コインチェックが会社の資金と顧客から預かった資金とをしっかり分けて管理しているかどうかいわゆる「分別管理」の実態など会社の財務内容を詳しく調べることにしています。
またセキュリティー対策や顧客への対応状況などについても確認します。

金融庁はコインチェックに対し、業務改善命令を受けた対応策を今月13日までに提出するよう求めていただけに、今回、報告を待たずに立ち入り検査を行うという異例の措置をとることになります。

今回の問題でコインチェックは「NEM」以外の仮想通貨も含めて売買や出金を停止し、原因の究明を進めていますが、流出から1週間がたつ今もなお、顧客への補償の時期やサービスを再開するめどが立っていません。

2月2日 1時46分 NHK NEWS WEB
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180202/k10011312381000.html?utm_int=news_contents_news-main_003


正義の味方のつもりの「金融庁」さんが2月2日午前8時ころから立ち入り調査を開始したそうです。

ライブドアの時も、余計な介入をして、一般投資家に甚大な被害をもたらした事が思い出されます。

コインチェックもこの介入で再生の見込みが無くなったと見るのが妥当なところです。

仮想通貨事業は高収益なので、騒動が収まれば(顧客が資金を引き上げなければ)、NEM流出の被害者に補償する事も可能だったはずです。

また、仮想通貨の相場が下落しなければ、相当な数を保有していたであろうアルトコインの含み益による、売却益での補償も可能だったはずです。


今回のコインチェック問題の根幹は、世界で一番セキュリティーレベルが高いと思われていた、日本の大手取引所がハックされたという衝撃です。

仮想通貨を安全に預ける場所が存在しない事が、一般人に広く浸透してしまったのは致命的です。

金融庁の立ち入り検査で、コインチェックの存続は難しくなると思われます。

そうすると、コインチェックに預け入れられていた日本円や仮想通貨は全て凍結され、預け入れ額の比率で減額されて配当される事になります。

形式上はコインチェックにお金や仮想通貨を貸していた事になり、会社が倒産すると、その分の債権を保有する形になるので、コインチェックにある総資産を、債権者で分け合う形に成ります。

一番不味いのは、コインチェックに保管されている仮想通貨が市場で売却され、価格が付かなく成る事です。

NEMわずか5%のシェアの流失で580億円とは、どれだけバブルだったのかがわかります。

元々アルトコインには価値は無く、将来の値上り期待が価格を支えてきました。
買い手がいなければ、価格はどこまでも下がります。

ビットコインとイーサリアム以外の仮想通貨には値段が付かなく成るような気がします。

リップルはまた元の20円くらいで止まるかもしれませんが。

私もコインチェックの口座に 0.0003BTC 残っていました。
多くの日本人はビットフライヤーやコインチェックが安全だと考えていたはずで、ビットフライヤーだった人は非常に幸運だったという事です。

コインチェックが倒産すると、その売り圧力と仮想通貨に対する信頼感の毀損から、長期間の値下がり相場に成りそうです。

ここでのポイントは、値下がりした仮想通過を買うのか?、買わないか?のこの点です。

私が仮想通貨に興味を持ったのは去年の8月でした。

一番ビットコインが安い時で30万円、最高値240万円でした。

現在90万円くらいまで下がっています。

個人的にはBTCは将来的には上がると考えているので50万円以下に成ったら、細かく複数回に分けて、少額ずつ購入していきたいと思います。

強欲な私が50万円以下と言っているので、実際はその上の金額で反転する可能性も高いでしょう。

しかしながら、仮想通貨を支える技術には価値が有りますが、仮想通貨そのものに価値は有りません。

価値のの無い仮想通貨に投資をして儲ける戦略は、一番人気に有るもの投資をするしかないと思います。

下がったビットコインを少しずつ回数を分けて、そして小金で積み立てるのが、長期投資として面白いと思います。

不動産なら、半値なら売れるから、それに比べると仮想通貨の下げは厳しいですよねw

コインチェックの騒動をみて、本当に大金を送金してアルトコインを買っている人がいる事に衝撃を受けました。

私のBTCは、海外の弱小取引所にあるので、同じように消失するかもしれません。

小銭で遊ぶ感覚が一番大切かもね。


太陽光発電ランキング
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

nihonkai2017

Author:nihonkai2017
メールを送る
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
リンク